« 度胸をつける方法 | トップページ | ゲスラ(呟き尾形の怪獣大好き) »

ニュースパニックデー

ニュースパニックデー

 1938年(昭和13年)にラジオドラマの演出として、フィクションのニュースが原因で、全米をパニックに陥った事から、10月30日はニュースパニックデーとされました。
 このパニック事件は、同日の午後8時ごろから、アメリカ・CBCラジオでマーキュリー劇場という番組で放送されました。
 この番組は、オーソン・ウェルズ演出のSFラジオドラマ『火星人来襲』の放送の合間に放送されたラジオドラマの、出として「火星人が攻めてきた」という臨時ニュースを流した所、本物のニュースと勘違いされたのです。
 それが原因となり、全米を大混乱に陥れ、120万人以上が大パニックになりました
 そのパニックぶりは大規模で、警察電話はSOSの洪水とりました。
 警察は、ラジオの芝居であることを確認したうえで、各分署やパトロール中の警官に命令し、治安維持を命じたといわれています。
 しかし、まさかニュースがフィクションのラジオドラマと連動するはずもないと考えた多くの人々は、ラジオを聞いて、渋滞してたら
「ああ、みんなも逃げ始めてるんだ!」
と思い、道路にクルマが見えないと
「ああ、みんなもう逃げてしまった!!」
 と、ニュースの情報が大前提として、考えたそうです。

 もちろん、これは、多くの人が単純だからではなく、そのニュースにリアリティーがあったからこそ。
 といえます。
 その放送の演出も手の込んだもので、ハロウィンの前日、日曜日の午後8時に、ドラマのイントロダクションを終えた後、天気予報が読まれました。
 そして中継へと移り、歓声と共に楽団によるラテンナンバーの演奏が始まりました。
 その後、1分ほど演奏が流れたところで急に番組が中断され、臨時ニュースが入ったのです。
 そこにいたるまでの天気予報や中継の演奏も、そしてこの臨時ニュースも、全て劇中における演出であり、虚偽の情報です。
 しかしドラマを聴いていた人の多くは、「本物」のニュースと錯覚してしまいました。
 まさてに、実際のニュース放送のような形で放送されたからこそ信じられた。
 といわれています。
 そのパニックぶりは、まさに大パニックそのものです。


 ドラマの中で戦いの舞台とされたニューアークでは、数百台の車が路上を埋め尽くす、大渋滞をまきおこし、大騒動となりました。
 ピッツバーグでは、絶望して、毒を飲んで自殺未遂までおこりました。
 全米の病院はわけが判らなくなった人々で溢れました。
 カリフォルニアでは、アメリカの危機に、多くの義勇兵志願者が陸軍指令部につめかけました。
 ドラマの舞台となったグローバーズ・ミルでは、農夫たちが銃で武装し、火星人狩りに出かけたとも伝えられています。このような、集団ヒステリーを鎮めるためには、100人以上の州兵を派遣しなければならなかったそうです。
 また、ワシントン州コンクリートでは、ラジオドラマ内で、火星人が全国の通信施設や電源を襲う場面のところで、偶然にも、停電が起きるというアクシデントがありました。
 そのために街中が大パニックに陥ったのです。
 ともあれ、これほどの大混乱にもかかわらず、死者は1人も出なかったというのは、ある意味奇跡といえるでしょう。
 が、この混乱によって、負傷者や気のふれた者は続出しました。
 そのため、ドラマ放送中のCBSにクレームや問い合わせが殺到し、8時半を過ぎた頃から、CBSの交換台はパンクしたそうです。
 そして、番組が始まって40分後、
「これは、大人のためのハロウィンだったのです」と締めくくられたラジオドラマは、
番組が終了後、「このドラマはフィクションです」というナレーションが入ったところで、真相を知って怒り狂った人々が放送局に押し寄せたたそうです。
 大パニックから、数日後、連邦通信委員会は聴聞会において、いくつかの放送上の規定が設けられました。
 その結果をうけて、CBSは全面的に謝罪し、このような不祥事は二度と起こさないことを市民に約束したそうです。
 そして、全国で損害賠償請求訴訟がCBSやマーキュリー劇団に対して提訴され、その要求額は数百万ドルにも及んだといわれています。
 脚色と台本の担当をした、大パニックの張本人の”オーソン ウエルズ”は非難の対象となります。
 その、非難から、ウェルズを救ったのは、ある新聞に掲載されたコラムだったといわれています。
 それは、合衆国市民が戦争のような緊急事態のさいに、どれだけ弱いかを露呈させたことを合衆国全土にしらしめた。という意味では、合衆国に貢献したといえるのだ。
 という内容だったそうです。
 このコラムを契機に、世論はウェルズに好意的となったそうです。
 その世論が追い風となり、このラジオドラマを通して、ハリウッド進出という結果として成功を収めたわけです。

 もちろん、このようなアメリカ全土を巻きこむ大パニックに陥ったのは、もっと現実に即した背景があります。
 それは、火星人のことが信じられたのではなく、当時のアメリカの人々は潜在的に戦争への不安、とりわけナチズムの恐怖に怯えていたということです。
 そして、大恐慌の記憶がまだ新しく、人々は飢餓の恐怖を現実的なものだったのです。
 この火星人騒動は、そんな背景の中だからこそ、起こったとも言い得るでしょう。

さて、最新のホームページ更新のお知らせです。

 今回は、小説を書こう! 第52回 比喩について ①を更新しました。
 そもそも比喩とはどういったものか?
 ということについて書いています。 
 次に、blogリンク集に、津村巧の不定期日記を追加しました。
 次に、占いへの疑問、回答を追加しました。
 占いについての疑問を、私、呟き尾形が調べて考察して、回答した記事を掲載しています。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 度胸をつける方法 | トップページ | ゲスラ(呟き尾形の怪獣大好き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/6746933

この記事へのトラックバック一覧です: ニュースパニックデー:

« 度胸をつける方法 | トップページ | ゲスラ(呟き尾形の怪獣大好き) »