« 孫子の兵法 8 暗渡陳倉 | トップページ | 警察相談の日 »

理想と夢想の違い

こんにちわ。呟き尾形です。

青年の夢想ではなく、
また単なる抽象的観念でもなく、われわれの生活を貫いて、
いかなる日常の行動にも必ずや現実の力となってはたらくものである。
 ― 南原 繁 ― (政治学者)

 理想とは、最も望ましい姿のイメージであり、それが行動の目的となって現実に意味を与えるものです。
 ですから、理想を語れば、自然と現実の力になることを語り始めます。

 夢想とは、ぼんやり、夢のようなことを思い浮かべることであり、とどのつまり、現実から遠く離れた空想です。
 ですから、夢想を語れば、単なる抽象的観念になってしまいます。

 ゆえに、理想と夢想は「想い」という点では共通しますが、それを持つ意味や価値が異なります。

 どちらがいいというわけではありません。
 なぜなら、理想は、心に活力をあたえ、夢想は心を癒しを与えるからです。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 孫子の兵法 8 暗渡陳倉 | トップページ | 警察相談の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/5867911

この記事へのトラックバック一覧です: 理想と夢想の違い:

« 孫子の兵法 8 暗渡陳倉 | トップページ | 警察相談の日 »