« 劇画の日 | トップページ | 関係者の責務(食料・農業・農村基本計画) »

天から心を授かっている

こんにちわ。呟き尾形です。

人が天から心を授かっているのは、人を愛するためである。
 ― ボワロー ― (フランス作家)

 心とは、広く精神活動をつかさどるもとになると考えられるものです。
 では、その精神活動を考えてみれば、それは喜怒哀楽になどらえる情というものだといえるでしょう。

 その情の根源は何か?

 それは、「愛」の一言に尽きます。

 「愛」なき情はありえません。

 それゆえ、人が心が授かっているのは、人を愛するためである。
 といえるでしょう。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog


ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 劇画の日 | トップページ | 関係者の責務(食料・農業・農村基本計画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/5139612

この記事へのトラックバック一覧です: 天から心を授かっている:

« 劇画の日 | トップページ | 関係者の責務(食料・農業・農村基本計画) »