« トレンドマイクロ社 47 一方的なトレンドマイクロ社 | トップページ | 天から心を授かっている »

劇画の日

劇画の日

 1964年(昭和39年)7月24日に、青林堂より、劇画雑誌「ガロ」を創刊されたことで、劇画の日。となったそうです。
 劇が雑誌「ガロ」は、白土三平の「カムイ伝」をはじめ、水木しげる、つげ義春等が登場し、大人向けの劇画ブームの拠点になりました。
 「カムイ伝」は当時の学生たちに受け入れられ、たちまち「ガロ」の人気は上昇します。
さらに、水木しげるの「鬼太郎夜話」、林静一「赤色エレジー」などが掲載されます。
 そして、つげ義春、池上遼一、矢口高雄なども執筆を始めます。
 こうして、さまざまな名作家が漫画を掲載し、いわゆる名作をのこしたガロですが、
 次第にガロの人気が低迷していきます。
 ガロ存続の危機の中、90年ついに青林堂はツァイトに経営を譲渡、ガロはなんとか持ちこたえることができました。
 しかし1996年、「ガロ」は衰退への道を歩み始めます。翌年1997年「ガロ」は休刊。
 その後98年復刊しますが一年を待たずに再び休刊してしまいます。
 しかし、そうした困難を乗り越え、
 現在はオンデマンド出版に切り替わって発売されているそうです。

 さて、ガロの代表作ともいえる、カムイ伝ですが、「抜け忍」という士農工商に属さない最下層にすむ人々の視点から、江戸時代という時代の、階級制度・生活・風習・歴史・農民の迫害等を描かれ、日本を代表する名作と評価を受けています。
 特に、当時、漫画は、ストーリー性が希薄であり、評価が低かったそうです。
 しかし、カムイ伝は、漫画に新しいジャンルを見出され、時代小説に比しても遜色ない漫画路線の礎を築いたとも言われています。
 その内容は濃く、忍者の戦い、産業の発達、自然と人間、人間ドラマ、封建社会制度、等々様々な視点から読み解くことが出来るため、何度読み返しても新たな発見があるとも言われています。

 さて、今回は、呟き尾形の哲学講座の第53回、エピクロスの四種の薬を更新しました。
 エピクロスが不安や悩みを解決する4つのポイントを紹介しています。
 次に、またまた、呟き尾形のクレーマークレーマー トレンドマイクロ社 8 です。
 書く事つきず。というところです(笑)
 で、童話、花童話のヒアシンスの絆の前編を追加しました。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« トレンドマイクロ社 47 一方的なトレンドマイクロ社 | トップページ | 天から心を授かっている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/5120753

この記事へのトラックバック一覧です: 劇画の日:

« トレンドマイクロ社 47 一方的なトレンドマイクロ社 | トップページ | 天から心を授かっている »