« トレンドマイクロ社 42 「安全」が商品価値なのに | トップページ | 信頼関係というものは »

ウルトラマンの日

ウルトラマンの日

1966(昭和41)年、の今日、7月10日、TBSテレビで『ウルトラマン』の放映が開始されました。
 もともと、『ウルトラマン』は7月17日に放送開始の予定でしたが、その前に放送されていた『ウルトラQ』の最終話「あけてくれ!」の内容が難解であるという理由で、その日に放送されないことになりました。(ちなみに、ウルトラQの最終回の放映は、1967年12月24日にされたそうです)。
そこでその穴埋めとして、前日に杉並公会堂で開かれたウルトラマンの宣伝イベントの模様を
「ウルトラマン前夜祭」として7月10日に放映したそうです。
 その前夜祭をもって、ウルトラマンが、最初に地球に来た日ということで、ウルトラマンの日とされています。
 ところで、ウルトラマンの第一話のテレビ放映は記録上は、1966年(昭和41年)7月17日になっています(ちょっとややこしいです)。

 ちなみに、ウルトラマンのTV放送期間です。

ウルトラQ        1966/01/02~1966/07/03,
            (最終回は1967/12/24に放映) 
ウルトラマン       1966/07/17~1967/04/09
ウルトラセブン      1967/10/01~1968/09/08
帰ってきたウルトラマン  1971/04/02~1972/03/31
ウルトラマンエース    1972/04/07~1973/03/30
ウルトラマンタロウ    1973/04/06~1974/04/05
ウルトラマンレオ     1974/04/12~1975/03/28
ザ・ウルトラマン(アニメ)1979/04/04~1980/03/26
ウルトラマン80     1980/04/02~1981/03/25
ウルトラマンティガ    1996/09/06~1997/08/30
ウルトラマンダイナ    1997/09/06~1998/08/29
ウルトラマンガイア    1998/09/05~1999/08/28
ウルトラマンコスモス   2001/07/07~2002/06/29,2002/07/20~2002/09/28
ウルトラマンネクサス   2004/10/02~2005/6/25
ウルトラマンマックス   2005/07/03~

 さて、今回は小説を書こう! の第48回 修辞術について、誇張法、矛盾法について書きました。
 特に強調したいことは、ついつい大げさにいったり、論理的には矛盾した表現になってしまいますよね。
 次に、呟き尾形のクレーマークレーマーのトレンドマイクロ社についての6つ目です。
 トレンドマイクロ社、調べれば、調べるほど、言っている事とやっている事が違います。
トレンドマイクロ社 38 blog 世論 1
トレンドマイクロ社 39 企業理念の一つに顧客主義?
トレンドマイクロ社 40 企業理念が守れない企業?
トレンドマイクロ社 41 みなさんのご意見をおきかせください 2
トレンドマイクロ社 42 安全が商品価値なのに
 次に、呟き尾形の育児手記、幼いころは過保護なくらいがちょうどいいということで、「過保護」や「甘やかし」などについて書いています。
 次に、呟き尾形の体験記 奥松島縄文村について書いています。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« トレンドマイクロ社 42 「安全」が商品価値なのに | トップページ | 信頼関係というものは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/4900951

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラマンの日:

» 「帰ってきたウルトラマン」正義の味方に動機は必要か? [おはなしこんにちは]
 最近、ファミリー劇場の「帰ってきたウルトラマン」を熱心に観てます。子どもの頃、夢中になって観ていた番組ですが、内容はほとんど覚えてません。はたしてどんな話だったのか、興味津々というわけです。  ところがそこで、あることに気がつきました。主人公に動機があるのです。「正義の味方に動機は必要か?」それが今回のテーマです。 ●「帰ってきたウルトラマン('71)」とは?  説明するのも馬鹿馬... [続きを読む]

受信: 2005.08.01 01:41

« トレンドマイクロ社 42 「安全」が商品価値なのに | トップページ | 信頼関係というものは »