« 過失を改めるのは恥じるべきではない | トップページ | 食料・農業・農村基本計画の基本理念 »

断るときの言い訳は無駄

こんにちわ。呟き尾形です。

断るのにあれこれ多くのことを弁ずるのはむだなこと、
相手の耳には拒否の一語しか聞こえていない。
 ─  (ゲーテ)  ─

 だれしも、断ることが忍びない気持ちになります。

 それは、自分の申し出を断られたときを、想像すれば、良い気分にならないことを知っているからです。

 しかし、さらに言い訳をすると、さらに気分が悪くさせることがある、ということに、に気がついている人は少ないようです。

 相手が言い訳を理解したとしても、頼みごとを断られたことには変わりがないからです。

 ならば、断るときは、言い訳をなるべくしないように心がけた方がいいでしょう。
 そうでなくとも、思わず言い訳をしてしまうのですから。

★★★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン 

|

« 過失を改めるのは恥じるべきではない | トップページ | 食料・農業・農村基本計画の基本理念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/4315867

この記事へのトラックバック一覧です: 断るときの言い訳は無駄:

« 過失を改めるのは恥じるべきではない | トップページ | 食料・農業・農村基本計画の基本理念 »