« 食料・農業・農村基本計画の基本理念 | トップページ | エベレスト征服記念日 »

仙台空港線アクセス鉄道

こんにちわ。呟き尾形です。

 仙台空港線アクセス鉄道

 仙台空港線アクセス鉄道は、平成8年に臨空都市整備事業プロジェクトの一つの大きな柱とされています。

 実際、仙台空港を利用すればわかりますが、仙台空港の弱点は、仙台市内との連結の悪さでした。
 もちろん、定期便のバスは運行していますが、バスだけ。というのは、人の流れがとまってしまいます。
 しかし、アクセス鉄道ができれば、空港と仙台の中心がつながり、より遠くの人たちを仙台に出迎えることができるということを意味します。

 実際、このアクセス鉄道が国際空港では、成田、関西、中部大阪、地方空港では、千歳、福岡、宮崎、那覇と限られたものです。
 このように、数多くある全国の空港の中で、アクセス鉄道として、国野の字事業採択を受たということは、国が開発の必要性を認めた事だということになります。
 それは、国内において、発展の必要性のある空港であるとみとめた証拠だといえます。

 さて、このプロジェクトを私たちは、どのように利用できるかということがさらなるポイントになるでしょう。

 まず、アクセス鉄道のメリットは、バスにはない時間が守られるという定時性、鉄道であるがゆえの高速性と安全性があげられます。
 なにより、駅と空港をつなげることで、利用客にとって大きな利便性があり、より空港が利用しやすくなるということを意味します。

 ですから、より遠方の人の流れが発生しやすくなるということです。
 これは、日本の距離をぐっと縮めることを意味し、より遠くの地方の文化と交流できることを意味します。
 人の流れは経済の流れだともいえます。
 こうなると、アクセス鉄道の周辺には、看板、広告の利用は有益といえるでしょう。
 私たちにとって当たり前のことは、遠方の人にとっては珍しいものになります。
 ましてや、インターネット社会で、よりインパクトのある看板はインターネットで検索してもらえる可能性がはっせいするといえるでしょう。
 そのとき、直接うれなくとも、後からインターネットで注文できるようにする。
 というビジネスチャンスだともいえます。

 もちろん、仙台から遠いのであれば、仙台駅と地元をつなぐ無料の送迎バスという方法もあります。
 アクセス鉄道の目的は、そもそも、仙台空港と仙台駅をつなぐ。
 ということですから、人は自然と仙台駅に集まります。
 仙台駅を目印に、そこから無料のシャトルバスや、送迎バス、あるいは、特定の場所へ言えるようにタクシー券の配布をすることで、仙台駅から遠くとも遠方の人を引き寄せることもかのうだといえるでしょう。

 


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろ

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こ

ちらの掲示板もあります


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 食料・農業・農村基本計画の基本理念 | トップページ | エベレスト征服記念日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/4319146

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台空港線アクセス鉄道:

« 食料・農業・農村基本計画の基本理念 | トップページ | エベレスト征服記念日 »