« 幸せになるためには・・・ | トップページ | 引用する必然性とはどういったものなのか? »

電力や仕事率の単位がなぜ「W(ワット)」なのか?

 こんにちわ。呟き尾形です。
 1775年の今日、5月22日は、ジェームス・ワットが新発見の蒸気機関車の特許を取得した日です。

 スコットランドの職人の子ジェームス・ワット(James Watt, 1736年1月19日 - 1819年8月19日)は、グラスゴー大学の機械技師職を得ていました。
 1755年ロンドンにでて、機械製造業を学び、翌年グラスゴーにもどり、グラスゴー大学の仕事をすることになります。
 そして、1763年物理学授業の実験用のブリキ製ニューコメンの蒸気機関の模型の修理をおこない。修理しながらもっと改良できる事に気がつきました。
 そして、1775年5月22日、新発見の蒸気機関車の特許を取得、縮機、調速機、変速機の発明など蒸気機関の改良をおこない産業革命の進展に貢献しました。
 その功績は、ジェームス・ワットの名前をとり、電力や仕事率の単位(W)となるにいたりました。


 さて、今回は、占いを非科学的だと思う方への第37回、天秤座についての説明を追加しました。
 天秤座は優れた調整能力があるとされているなど、その説明があります。
 次に、連載小説、4枚の絵画の「昼の輝き」の第3回。
 ティアとパッセル少年の再会しました。
 次に、WRPG、プエルギガス年代記の職業ガイドに兵士を追加しました。
 



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 幸せになるためには・・・ | トップページ | 引用する必然性とはどういったものなのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/4227944

この記事へのトラックバック一覧です: 電力や仕事率の単位がなぜ「W(ワット)」なのか?:

« 幸せになるためには・・・ | トップページ | 引用する必然性とはどういったものなのか? »