« 子ゆえに迷い、子ゆえに悟る | トップページ | 経験の危険 »

教育の危機とは

こんにちわ。呟き尾形です。


教育の危機は教育の危機ではなく、生命の危機なのだ。
― シャルル・ペギー ― (フランス詩人)

 日本国民は3つの義務をもっています。
 納税。
 労働。
 そして、教育です。

 なぜ、教育を義務にしなければいけないのでしょうか?
 それは、安定した社会を作るためです。

 納税がなければ、行政がままならないように、労働がなければ、社会がうまく機能しないように、教育が行き届かなければ、秩序ある安定した社会はできません。

 なぜなら、教育は、社会の一員となるようにすることが目的だらかです。

 その教育が危機とあれば、すなわち、生命の危機といっても過言ではありません。

★★★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 子ゆえに迷い、子ゆえに悟る | トップページ | 経験の危険 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/4063633

この記事へのトラックバック一覧です: 教育の危機とは:

« 子ゆえに迷い、子ゆえに悟る | トップページ | 経験の危険 »