« やってみなけりゃわからない。 | トップページ | 小さな仕事も全力で »

修辞術について 空想法、現在法

 こんにちわ。呟き尾形です。
 もうすぐ、穀雨です。
 春雨の降る日が多くなり、田畑を潤して穀物の生長を促すことから、穀雨といわれています。
 変わりやすい春の天気も次第に安定してきて日差しも強くなってくる頃です。


 今回は、小説を書こう! の第45回、修辞術について 空想法、現在法を更新しました。
 文章には時制というものがありますが、その時制のかき方に工夫をすると、臨場感ある文章にすることができます。
 次に、連載小説、4枚の絵画の第6回を追加しました。
 謎の人物が唐突に登場。
 ドラグスレバーとはいったい何なのか?
 
 次に、登場人物紹介にヒュースが追加されました。
 

ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« やってみなけりゃわからない。 | トップページ | 小さな仕事も全力で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/3735847

この記事へのトラックバック一覧です: 修辞術について 空想法、現在法:

« やってみなけりゃわからない。 | トップページ | 小さな仕事も全力で »