« 比較したところで道は遠のくばかり | トップページ | 第1回日本ダービー »

改革は、まず自分の改革から始まる

こんにちわ。呟き尾形です。

   改革を実行するということは、
   まず改革にあたる者が、自分を変えることだ。
   自分を変えるということは、生き方を変えることだ。
   かなりの勇気がいる。
― 童門 冬二 ― (『小説上杉鷹山』)


 改革とは、基盤を維持しつつも、根本的な仕組みを、よりよく改めることです。

 それは、口で言うほど生易しいものではありません。

 なぜなら、改革を実行するためには、まず、自分自身を改革する必要があるからです。

 自分自身をよりよく改めると言う事は、既存の自分の価値観も変革せねばならず、つまり、自分の行き方を変えることになります。

 なぜ、自分自身を改革しなければならないのでしょう?

 それは、自分自身の改革をせずに、周りだけを改革しようとする改革は口だけの改革です。
 誰もそんな改革についてくるはずもありません。
 だからこそ、改革を成功させるためには、自分自身を改革する必要があるのです。

  ★★★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 比較したところで道は遠のくばかり | トップページ | 第1回日本ダービー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/3817273

この記事へのトラックバック一覧です: 改革は、まず自分の改革から始まる:

« 比較したところで道は遠のくばかり | トップページ | 第1回日本ダービー »