« 空(くう)について(呟き尾形の哲学講座) | トップページ | 結婚するときに自問する事 »

小泉内閣メールマガジン第182号 「国民の保護」についてご理解をお願いしますを読んだ感想 

こんにちわ。呟き尾形です。

 
 
小泉内閣メールマガジン第182号 「国民の保護」についてご理解をお願いしますを読んだ感想を、小泉内閣
に送信した内容です。

-----------------------------------
 日本国民の尾形と申します。

 私は法案自体がよりも、何を侵略とし、何を防衛とするのか一種のコンセンサスがえられていないのに、法案が検討されることの方が問題だと思っています。

 なぜなら、
>国民の皆さんの一層のご理解とご協力をいただかなければならないと考えています
 とするなら、ますます、何を侵略とするか、何を防衛とするのかというコンセンサスが得られなければ理解のしようがないからです。

 また、適用されたときは後日の国民総選挙というのちの主権者の判断は必要だと思います。
 それだけ、施行されるにしても、強い決意と重い決断が必要な法案だと考えます。

-----------------------------------------

 ところで、私は有事法制を下記のように解釈しています。
イ)国家防衛のため、特例を認めることもやむを得ないことを認める
ロ)有事が発生し、国際的な背景を考慮し、当事国のみでは治安維持が不可
  能であることが認められたとき、援助も行うことを認める。
ハ)有事は国民、企業の協力を要請することもある。
ニ)有事には首相に軍事的なものを含めた決定権を委ねる。

 ただし、下記のような解釈も可能です。
a)侵略戦争を遂行するために国家緊急件を理由に、憲法停止を規定する。
b)自衛隊の海外侵略発動にも、治安出動にも、政府の判断ひとつで、国民と国会を無視して、いっさいの自由を与える。
c)有事を理由に、労働者はいっさいの権利を否定され侵略戦争に協力させられる。
d)首相に超独裁的権限を付与する。

 ということにもなりえます。

 だから、そうならないためには、どうすればいいのか?
 つまり、現段階で悪用されると予測される有事法制の悪用をどのように抑制するかという議論が必要不可欠だということです。
 私の知っている限りでは、その手の議論はされていません。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

 政治について、意見があるときは、下記のサイトに言うのも一つの手かもしれません。

 
小泉内閣

自由民主党

公明党
民主党

共産党

社民党

|

« 空(くう)について(呟き尾形の哲学講座) | トップページ | 結婚するときに自問する事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/3510825

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉内閣メールマガジン第182号 「国民の保護」についてご理解をお願いしますを読んだ感想 :

« 空(くう)について(呟き尾形の哲学講座) | トップページ | 結婚するときに自問する事 »