« 束縛があるからこそ | トップページ | 仲間のありがたさ »

創作において、気をつけるべき点、著作物の引用について

創作において、気をつけるべき点、著作物の引用について

 著作権の最も多く利用されている方法が引用だといっても過言ではないでしょう。
 引用とは、他人の文章、また他人の説や事例などを自分の文章の中に引いて説明に用いることということになります。
 まぁ、早い話が、他人の著作物を拝借するということです。
 これは、まったく悪いことでもなく、表現技法として古来から存在するものです。
 とはいいつつも、ルール無用に引用していいかというと、そういうわけではありません。
 注意点は4つ。

 1・引用する必然性があること。
 2・自分の表現と引用の表現の区別がされていること
 3・引用がメインではなく、自分の表現がメインであること。
 4・引用の出所が明示されていること。

 というものがあります。

引用する必然性とはどういったものなのか?



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog


ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


|

« 束縛があるからこそ | トップページ | 仲間のありがたさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/2984413

この記事へのトラックバック一覧です: 創作において、気をつけるべき点、著作物の引用について:

« 束縛があるからこそ | トップページ | 仲間のありがたさ »