« 人は愛している限り許す。 | トップページ | 人生は、それぞれの目を通して見ている映画 »

正面からの反対のできない道理で飾られた悪行

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日出会えた名言です。

   われわれは、正面からの反対のできない道理で飾られた悪行、
   というもののあることを知らなければならない。
    ― 下村 湖人 ―
    (『論語物語』)

 正論と言うものがあります。
 正論とは、道理にかなった正しい理論や主張です。
 それが、正面から反対できない道理ということです。

 しかし、その正論の意味を、わざと形骸化させることで、正論の皮をかぶって堂々と悪行が出来てしまいます。
 法の抜け穴というものとです。

 ところで、法律とは、各社会において作り出されたルールですが、
「法律的に正しいか?」という質問は、下記のように分けられるそうです。

 ・「他人とトラブルになるかどうか?」という意味
 ・「犯罪なのか?」という意味
 ・「実際に刑罰を受けるか?」という意味
 ・「民事裁判で勝てる?」という意味
 ・「モラルとしてやってもいい?」という意味

 法律の字面に書いてあることだけが法律であるという前提なら、法律の文面にさえ反しなければ、違法ではないということになります。
 しかし、そもそも、違法というのは、字面のみならず、法律の理念に反した場合も違法といえるでしょう。

 では法律の理念とは、何でしょうか?
 道徳であり、道徳は人々の善意と良識を前提とするものです。

 だからこそ、正論だからといって、道徳に反していない。ということを、私達は知らなければいけないというわけです。



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 人は愛している限り許す。 | トップページ | 人生は、それぞれの目を通して見ている映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/2770996

この記事へのトラックバック一覧です: 正面からの反対のできない道理で飾られた悪行:

« 人は愛している限り許す。 | トップページ | 人生は、それぞれの目を通して見ている映画 »