« 哲学とは何ぞや? | トップページ | 骨盤ダイエット »

「学ぶ」という行為の根底

こんにちわ。呟き尾形です。

 名言です。

 「学ぶ」という行為の根底には、自分が大きく育って行く事を感ずる「喜び」がある。
  ― 小松 左京 ― (作家)


 学ぶというのは、勉強や学習など学問を身につけたり、教えを受けて、知識や技芸を身につけることです。
 つまり、学ぶということは、自分が成長抜きにして語れません。
 しかし、思い通りに身につかず、辛いときもあるでしょうし、学ぶことは苦しいことが伴うという印象が付きまといます。
 ただ、本来、自分が成長するということは、喜びです。
 その上、その成長が自覚できるわけですから、学ぶということは、もっと楽しむべきなのかもしれません。



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 哲学とは何ぞや? | トップページ | 骨盤ダイエット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/2490613

この記事へのトラックバック一覧です: 「学ぶ」という行為の根底:

« 哲学とは何ぞや? | トップページ | 骨盤ダイエット »