« 2004年12月5日 - 2004年12月11日 | トップページ | 2004年12月19日 - 2004年12月25日 »

見えるはずのものが見えなくなる・・・

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日出会えた名言です。

   人間には、先入主観が気づかぬうちに働きまして、
   そんなことはわかりきったことだと素通りすることがあります。
   これが怖いのです。
   松本 清張 (『点と線』)

 先入観とは、思考以前に当たり前であり、問いすらしないことです。
 それが気づかぬうちにはたらくというのは、至極当然のことでして、その人の主観こそが、憶測であり、先入観でなのです。
 つまり、人間は主観を持つことにより、見えるはずのものが見もしなくなります。

 すると、目の前の現実と思い込みが一致しているうちは問題がありませんが、不一致が生じ始めると、見るべきものまで見えなくなります。
 これは大きな、損失と言うべきでしょう。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

人は、男と女で一人前

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日出会えた名言です。

 恋愛は人生の秘鑰なり
  北村透谷 

 秘鑰とは、秘密の鍵の意味ですが、たしかに、人は恋愛をすることによって、初めてぶつかる門があります。
 恋をする以前の自分の価値観など空中楼閣に過ぎないことが実感できます。
 そして、恋愛によって、その門を開き、これまで想像もしなかった事柄を知ることになるのは確かです。
 もしかすると、人は、男と女で一人前だ。と言うことかもしれません。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレリック

こんにちわ。呟き尾形です。

 この記事はWRPG、プエルギガス年代記を前提にした記事です。

 さてさて、プエルギガス年代記において、活躍するでろう、職業を紹介しようと思い

ます。

 今回は、クレリック、僧侶についてです。

 プエルギガスという世界の中では、神と言う存在は実在します。
 実際に、人間の行為に干渉することもありますし、クレリックを通して、奇跡というかたちで魔法の力をあたえることもしています。
 クレリックは、それぞれが信仰する神の教えに従いながら、信仰する人々を増やすことを目的としています。
 ですから、信仰する神の教えに沿った生活や行動になることが多い。といえます。
 もちらん、破戒僧。と言う言葉があるように、信仰するがゆえに、表向きの信仰する神の教えを破るクレリックも確かにいますが、そのようなクレリックは社会的にも煙たがれるでしょう。
 逆を言えば、クレリック。というだけで、社会的な信頼における職業である。と言うことがいえます。もちろん、クレリックと同じ神を信仰しているものにとっては。と言うことになるの言うまでもないでしょう。
 クレリックはどの民族にも存在しますが、それは民族が信仰する神と一致することが一般的です。もちろん、特別なケースもありますが、それなりの生い立ちや理由がない限り、基本的には民族が信仰する神と一致します。
 プエルギガスの神様はこちらが一般的に信仰されています。
 民族と神の対応はこちらを参照してください。
 クレリックは、神を信仰するかわりに、その信仰する神から奇跡を授かることができます。これをクレリック魔法と言いますが、信仰する神によって変化しますが、主に癒しや守るための魔法が多くあります。
 一般的にクレリックの持ち物としては、その神を象徴するシンボル。
 また、クレリックの多くは、その神の教えの書いてあるバイブルを持ち歩いているのが一般的です。
 また、人助けによって、布教する場合もありますので、人助けの為に、さまざまな薬物を持ち歩いていることもあります。
 クレリックの目的は個人差はあれど、自分の信仰する神の教えを広め、信者を増やすということにつきます。
 
 サンプルNPC
名前:ディア・スピリット
性別:女
年齢:16
性格:涙もろい、献身的、保守的
種族:エヴァ人人
身長:約150-160cm
体重:約40-50㎏
髪の色:金
目の色:ブルー
声の質:高い
外見:ぽっちゃりしている、大きな瞳、
口調:です。でしょうね。。
能力値:
 ア)心・・・高い
 イ)技・・・普通
 ウ)体・・・普通
スキル:
 僧侶:4
 学者:4

特技
 雄弁:1
 応急手当:5
 リーダーシップ:5
弱点
 爬虫類が苦手:6

設定など
 ラクシェを布教する 

PCを動物に例えると
 アライグマ、タヌキ、狐


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪

白い時計塔のある村

プエルギガス年代記


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

BLOGリンク集

こんにちわ。呟き尾形です。
 寒くなってきました。とはいいつつも、例年よりも暖かく感じます。

 さて、今回は、小説を書こう! の第41回、修辞術については、対照法、対句法についてです。
 次に、blogリンク集も追加しました。
 サイトの検索だと、なかなかお目当てのサイトに行き着くことがありません。
 そこで、ホームページの管理者がお勧めサイトのリンク集をつくることで、役に立つサイト事典を作成することで、より、多くの人が指示する良質なコンテンツが人の目に触れることをコンセプトに、新しいリンク集を作ってみました。
 今回のテーマはblogで作ってみました。
 これから、ドンドン追加していく予定です。
 次に、呟き尾形の本棚、再び男たちへ、現象学入門、沈黙の艦隊、空想科学読本を追加しました。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたに行動する勇気を与える名言です

こんにちわ。呟き尾形です。
 本日であえた名言です。

 「やる前から負けることを考えるバカがどこにいる!」
  アントニオ猪木 (プロレスラー)
 

 修辞術としてはまったく洗練されていないストレートな言葉です。でも、まったくもってその通りのことであり、勝負事に立ち向かう人間の心はみなこうしたものでしょう。
 たしかに、勝負はやってみなければわからない。
 これも正しいけれど、それは理屈の形骸化にすぎない。本人不在の形骸化された一般論です。
 やるからには「勝つ」これが、大切なことだし、実践哲学に必要不可欠だと痛感させられる明言です。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月5日 - 2004年12月11日 | トップページ | 2004年12月19日 - 2004年12月25日 »