« 2004年11月28日 - 2004年12月4日 | トップページ | 2004年12月12日 - 2004年12月18日 »

小泉内閣メールマガジン のひとつ2000円のリンゴの記事の感想

こんにちわ。呟き尾形です。

 
 
小泉内閣メールマガジン第167号ひとつ2000円のりんごを読んだ感想を、小泉内閣
に送信した内容です。

----------------

”ひとつ2000円のりんご”は、目からうろこが出る思いの記事でした。
 農作物の市場は国内のみである。
 という先入観がありました。

 ただ、農業を営む人々は、これまでの減反政策や農業の過保護政策により、より、保守的な傾向にあります。

 どうしても、立ち止まることは、衰退を意味する。
 という感覚がないのが現実です。

 これから、変わろうとする人だけが生き残る社会になりつつあります。
 しかし、大変残念なことに、保守的な人がおおいのが現実です。
 この現実を踏まえて、ただ、過保護農政から放任農政にすると日本の農業がますます衰退することは目に見えています。
 理想としては、企業感覚を農家に取り入れる方向性が、変わろうとする農業になると考えます。
 そのために不足しているのは、農家の良き経営アドバイザー(コンサルタント)だと思います。
 そのためには、導き手のいる指導農政が日本の農業の発展につながるように思います。
----------------

 それにしても、現代の日本社会は、農業はなかなか儲からない。
 理由は簡単で、生産力、労働力に見合うだけの金銭的な収入が少ないということです。
 消費者は農作物をよりやすく欲しがるが、より高品質なものを欲しがります。
 まぁ、当然といえば当然のことです。

 ただ、農作物が出来るまで、どれだけの労力があるか。
 サラリーマンの仕事が楽だとは言いませんし、大変じゃない仕事はないのは分かっています。なにせ、両方体験しているわけですから。
 両方大変なのに、明らかに農業の方が金銭的な収入が少ない。
 これは、大変な不平等だ。
 ということに気がつかないのは、農業が保守的な証拠なんですよね。
 政治は改革、改革。
 世論も保守よりは改革を歓迎しています。
 この時代の流れに頑張っている人がいるのは間違いありません。
 それでも、社会システムも流通システムもなにもかも、農作物生産者が損をする仕組みになっている。
 どうせ、改革するなら、減反政策以外にも、この仕組みをナントカしなくちゃいけない。

 じゃないと、どうなるか?
 とりあえず、脅すつもりも無いが、簡単に想像できる事をあげて見ます。

 日本の農業はやっていけなくなるでしょう。
 別にいいんじゃない? と思う人もいるでしょう。

 しかし、そうなると簡単に生産地の偽証ができます。
 有害な食料が発覚したとして、その原因が突き止められるとも限らず、そのまま輸入せざるを得なくなる場合だってありえます。
 さらに、農薬たっぷりの野菜や、「安全かもしれない」遺伝子組み換え食品ばかり食べることになるかもしれません。
 なぜなら、日本は外国の農政に口出しできないからこそ起こりえることです。
 出来たものだけに農薬がついてなければいいのでしょうか?
 有害なものを口にして、発覚してからの対策でよいのでしょうか?

 日本の食べ物を日本で生産する。というのは、食の安全を考える上で必要不可欠なことだと判断せざるを得ません。
 そうすると、農家ばかり損をする。という社会システムなり流通システムにもなんらかの対策がなされないとどうしようもなくなるということになります。
 ま、頑張るしかないのでしょうが・・・。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
呟き尾形の今の政治に物申す

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


 政治について、意見があるときは、下記のサイトに言うのも一つの手かもしれません。

 
小泉内閣



自由民主党


公明党



民主党


共産党


社民党


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空想科学読本・・・(呟き尾形の本棚) 空即科学に求められるリアリティー

(*^0^*)(☆o☆)(◎-◎)(ー_☆)(#^∇^#)/(^¬^)

呟き尾形の本棚・・・009号

(-_-;)(ToT)凸(●―●メ〇o。.(-。-)y-~~~メテオ!( ・_・)ノ ミ★
 物語を読めば、いろいろな顔になれるよね♪ d(⌒o⌒)b♪

本日紹介する本・・・空想科学読本
空想科学読本〈1〉空想科学文庫


登場人物紹介
『呟き尾形』:講師・・・のはず
クニークルス:奇妙な物言うウサギ。生徒のはず
「ムーシコス」:音楽の好きな少年。生徒。
※各台詞は、名前を囲んでいる括弧の人物の台詞です。

★★★
「こんにちわ。みなさん。ムーシコスです」
 ボォーンジョルノ。クニークルスだ。
『こんにちわ。呟き尾形です』
「今回は、”空想科学読本”の紹介です」
『さて、”空想科学読本”はゴジラやウルトラマンといった日本の特撮ものを中心に、巨大ロボットアニメなどの子供向けのテレビ番組、いわゆる空想科学物を科学的に分析したとき、空想科学のなかで起こっている現象はどこまで正しいのだろうか?
 という趣旨で本は始まっています』
「でも、最初から空想って始まっているんだから、正しくなくてもいいんじゃないかなぁ・・・」
 ウィ。そうだね。実際、目次を見るだけで、ゴジラは産まれた瞬間に即死する。
 仮面ライダーが一瞬で変身するのは健康に悪い。
 ウルトラセブンが巨大化するには最低15時間必要だ。
 マジンガーZに乗って僧旬する兜甲児。車酔いは必死だ。
「な、なんだかヒーローがそんな風になる姿を見るのはいやだなぁ・・・。
 そんなことは、夢を壊すだけなんじゃないかなぁ」
『確かにそうですね。
 ただ、それってすごいことじゃないかと思うのです。
 空想というだけで、科学にはできないことを思いついてしまうという想像
力。
 そして、その空想を科学を駆使して現実に近づけようとする行動力。
 これが、現在の科学の恩恵の根底にあるんだと考えると、あながち冷やか
しだとは思えません』
「う~ん、実際、著者も夢と現実を切り離して考えられないとも言っている
し、それに、嘘は嘘だからと単純に割り切ってしまうと、僕らの存在意義は
ほとんどなくなっちゃうものね」
 たしかにそうだね。Fictionだからといって、存在しないもの。
 と考えるのは間違いだね。Fictionは空想する人の影みたいなもの
だし。
『そんなわけで、実際に空想科学を現実の科学でシュミレーションをすると
 ウルトラマンがウルトラ水流を使うと地球は氷河期を迎えたり、怪獣を一
本背負いするとウルトラマン自身が気絶するなど、爆笑するものばかり』
「な、なんだかそう考えると、荒唐無稽な感じだね」
 まったく、空想科学とはなんとも無責任な上に支離滅裂なんだろう?
『いや、むしろ、その方がいいと私は思っています』
「え? なぜ?」
『クニークルスがフィクションは空想する人の影みたいなものっていったよ
ね?』
 いったとも。
『つまり、現在の科学では無理でも、それを現実にしようとする目標が成立
するのです。
 空想科学で存在する問題点は、創意工夫で解消されていき、やがて現実の
ものとなると言うわけです』
 なるほど、昔、人が空を飛びたいなんてまさしく空想科学だったものね。
『その通り、支離滅裂なものはやがて理路整然なものに変わっていく。
 不思議なもので、理路整然なものは、支離滅裂なものがあるからこそ価値
があるということですね』
「なるほど。空想は影というのは、けっこう的を得た比喩だったんだね」
『どんな絵空事でも、非現実的でも、それらは無価値なものではなく、むし
ろ宝石の原石。ということですね。
 もちろん、原石のままではその値段は上がりません。”空想科学読本”は
そういった、原石と宝石の橋渡しをするような位置にいるように思えます』
「なるほどねぇ」
 まぁ、難しいこと考えなくても、単純に頭をやわらかくするのにも、いい
本だね。
 それじゃ、アルデベルチ。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の本棚

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

天気予報は占いか?

こんにちわ。呟き尾形です。

 仮に、占いとは未来予測であるとします。

 すると、もっとも信頼に熱い未来予想は天気予報となります。

 じゃぁ、天気予報は占いでしょうか?

 それでは失礼いたします。

占いを非科学的だと思う方へ

ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

沈黙の艦隊・・・(呟き尾形の本棚) 国家という本質を問いかける 


 (*^0^*)(☆o☆)(◎-◎)(ー_☆)(#^∇^#)/(^¬^)

呟き尾形の本棚・・・008号

(-_-;)(ToT)凸(●―●メ〇o。.(-。-)y-~~~メテオ!( ・_・)ノ ミ★
 物語を読めば、いろいろな顔になれるよね♪ d(⌒o⌒)b♪


本日紹介する本

登場人物紹介
『呟き尾形』:講師・・・のはず
クニークルス:奇妙な物言うウサギ。生徒のはず
「ムーシコス」:音楽の好きな少年。生徒。
※各台詞は、名前を囲んでいる括弧の人物の台詞です。

★★★
「こんにちわ。みなさん。ムーシコスです」
 ボォーンジョルノ。クニークルスだ。
『こんにちわ。呟き尾形です』
「今回は、ちょっと趣向を変えて、”沈黙の艦隊”の紹介です」
 おや、漫画とは、めずらしいね。シニョール呟き尾形。
『いえ、私は普通の活字の本よりも、むしろ漫画の方が読書量が多いのです』
「漫画は読書のうちに入るのかなぁ」
 入るんじゃない? 立派な本だし、人間のありとあらゆる知識が詰まっているもの。
『そうなのです。特に”沈黙の艦隊”は一種の当時の歴史シュミレーションでありながら、これまでの歴史の集大成でもあります。
 物語は日本とアメリカが共同で最新鋭の原子力潜水艦を開発することから始まります』
「あれ、戦争永久放棄した日本が、軍隊とか兵器とかそんなもの持つなんて変なんじゃない?」
 それはね。ムーシコス君。フィクションだからいいのさ。
『あながちフィクションだから嘘っぱちというわけでもないのです。
 現在の日本の宰相は自衛隊を軍隊だと言う意見も述べていますし、フィクションは現実という土台があって始めてフィクションになりえるからです。
 そんな、フィクションの世界を描いているのが小説であり、漫画であるわけです。
 漫画と言えばフィクションの代名詞ですが、”沈黙の艦隊”はそのフィクションにシュミレーションという位置づけを与え、現実にありえるという素材を歴史背景というソースの味付けをしました。
 さらに、作者の思い入れは、小説家が1行1行に魂をこめるように、一コマ一コマにに魂がこもっていることが感じ取れます』
 小説の1行や漫画の一コマってそんなに魂を込められているのかな?
『小説も漫画も流し読みではそれを感じ取ることは出来ませんし、いちいち読み手もその魂を読み取るように読むのでは読むのも大変です。実際、そうやって読もうとするのは、知り合いの書いた作品か、その作品そのものを、分析しようとしたときだけです。
 ですから、ほとんどの小説や漫画の作者は適度に手抜きをしているかと思います。
 しかし、”沈黙の艦隊”はそういったコマが少ないのです。
 台詞一言、登場人物の表情、すべてに作者がこの人物だったら。というシュミレーションされているのではないか。と思うほど力がはいっているように感じ取れます。
 そして、原子力潜水艦は試運転時に物語の主人公になる海江田四郎ら潜水艦の乗組員によってのっとられ、独立戦闘国家、”やまと”が宣言されます』
 へ、潜水艦が国家?
「国家って何って言う感じだね」
『まったくです。”やまと”の宣言は独立宣言にはじまり、さまざまな宣言を行い、世界にこれまで常識とされてきたものの本質をどんどん問いかけていったのです』
 どんな結論を出して言ったんだい?
『それは、読んでからの楽しみだし、ここじゃ伝えきれません。
 それはおいておいて、こうして、”やまと”は戦闘と宣言を繰り返し、太平洋から日本、北海を経由してニューヨークの旅路は、戦闘国家”やまと”がその無敵の戦闘力を誇示しつつ、徐々に世界に戦争をなくす計画が明かされていきます』
「戦闘国家が世界平和なんて変じゃない?」
『それも読んでからのお楽しみ。納得するもの、しないもの。さまざまな結論や宣言、問いかけが物語を通してなされます。
 その多くは、普段考えないようなことでありながら、実は私たちが民主主義国家の国民であれば、本来考えなくちゃいけないことだと思います。
 それを漫画というカルチャーを通して考えていただければ。と思い”沈黙の艦隊”を紹介しました』
「なるほどねぇ」
 まぁ、難しいこと考えなくても、楽しめそうな漫画だったよ。
 考えながら読むのはシニョール
 それじゃ、アルデベルチ。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の本棚

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「なぜ?」 と 「どのように?」の違い

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日は、「なぜ?」と「どのように?」の違いについて呟いてみます。

 さて、なぜ、夕日が赤いのか? という疑問を持ったとします。

 このときの「なぜ?」には、大まかに二通りの視点があります。
 「どのように夕日が赤いか?」と「夕日が赤い目的ないし意味」です。

 前者は夕日において、太陽の発する光が紅いのではなく、地球にひかりがとどくとき、青い光は波長が長いために、大気のチリにぶつかってとどかないのに対し、紅い光は波長が短くその分地上に届きやすいから。というのも納得できます。

 しかし、それはあくまで「どのように?」についての解答になりますが、「なぜ?」についての解答にはなりません。
 なぜ、夕日が赤く現れてくるのか? 夕日が美しいと感じるのか?
 これが哲学的な問いであると思います。

 こんな、後者について、考えるって、ものすごく楽しくて、退屈しないんですよね。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の哲学講座

みんなで哲学を語ろう

みんな哲学本屋さん 哲本

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイト事典

こんにちわ。呟き尾形です。

 このたび、私の運営するサイト、白い時計塔のある村に、哲学リンク集というものを作りました。
 サイトの検索だと、なかなかお目当てのサイトに行き着くことがありません。
 そこで、ホームページの管理者がお勧めサイトのリンク集をつくることで、役に立つサイト事典を作成し、より、多くの人が指示する良質なコンテンツが人の目に触れることをコンセプトに、新しいリンク集を作ってみました。
 そして、理由はもう一つありまして、Googleの検索において、PageRankっていう技術が使われているそうです。

 これは、とどのつまりは、多くリンクを張られているサイトは上位に表示される、というものです。
 さらに、多くリンクを張られているサイトに、リンクを張られているサイトは、さらに上位に表示されるというのが大まかな仕組みです。
 まぁ、「リンクは支持」と解釈し、みんなが「約に立つ」とか「いい感じ」とか「勉強になる」と支持しているサイトは、自然と上位に表示されるわけです。
 となれば、逆に、それをサポートして、自分が「便利だ」「約に立つ」「おもろい」「イケてる」と支持しているサイトを、こうしたLINK集をはることで、さらにインターネットを便利にしよう!
 という野心のもと、やってみようかと思いました。

 そして、その支持は、無意識にやるより、意識的にやった方がよいと考え、哲学リンク集を作りました。
 つまり、サイト事典。
 という発想です。

 もし、賛同される方がいらっしゃいましたら、あなたのサイトにサイト事典を作ってみてください。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

Amazon.co.jpへようこそ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

哲学リンク集(白い時計塔のある村 更新)

 こんにちわ。呟き尾形です。
 暦の上では、もうすぐ大雪です。
 大切といえば、山が白く雪化粧するような時期です。
 なのに、熱帯性低気圧の影響で雨。
 なんとも、今年を象徴する天候です。

 さて、今回は、新コーナー登場人物紹介を作りました。
 今回はムーシコスのバイオリンの主人公、ムーシコスです。
 次に、哲学リンク集も追加しました。
 サイトの検索だと、なかなかお目当てのサイトに行き着くことがありません。
 そこで、ホームページの管理者がお勧めサイトのリンク集をつくることで、役に立つサイト事典を作成することで、より、多くの人が指示する良質なコンテンツが人の目に触れることをコンセプトに、新しいリンク集を作ってみました。
 今回のテーマは哲学で作ってみました。
 これから、ドンドン追加していく予定です。
 次に、WRPG、プエルギガス年代記の職業ガイド。プエルギガスという架空世界における職業について紹介しています。今回はウィザード、魔法使いです。



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月28日 - 2004年12月4日 | トップページ | 2004年12月12日 - 2004年12月18日 »