« 2004年1月18日 - 2004年1月24日 | トップページ | 2004年2月8日 - 2004年2月14日 »

私は誰? について

 私は誰?

 やっぱり、いつまでも自答自問している問いかけです。

 皆さんは、「あなたは誰?」と問われたとき、戸惑うことはありませんか?
 私はそのときは戸惑わないのですが、哲学的な思考で考えるとき、この問いかけは「私は誰?」であり、この自答自問に、ものすごく戸惑うのです。

 まぁ、普通は、既存の自分を指す名詞を述べたり、社会的地位を根拠に自分は何者であるかを述べるのが普通です。
 しかし、私は過去に普通とは何か? と問うたように、普通というものは、実は根拠にはならないものでもあります。
 しかし、既存の自分は確実にあります。
 これを自我とします。しかし、自我が自分かと言うとそうではなく、自我を見る視点としての私、つまり、自己が存在しなければ、自我を認識することはできません。

 自我と自己の関係は下記のように図で表します。


   体体体体体
   体我我我体
   体我己我体
   体我我我体
   体体体体体

 ※体=身体、我=自我、己=自己。

 まぁ、厳密に言うと間違った図なのですが、自我と自己の関係を表すという意味ではこれでよいと思います。
 で、特殊な状況が起こらない限り、私という存在は身体の中に感じますからね。
 で、上述したように、自己は私の視点であり、自我は私と他者を切り分けるいわば仕切り(境界)です。
 なので、自我とは「私は私」という認識が発生します。
 つまり、自我は既存の自分でしかないわけです。

 ここで、「自我は既存の自分でしかない」といいましたが、子供がハッパにお金のような価値を与えても、ハッパのお金では駄菓子屋でお菓子は買えないように、案外既存の自分とは、その人にとって、ものすごい主観的価値があるのですが、客観的に取り出してしまうと、無価値なものになってしまうのです。

 これって、ものすごい不思議なことだと想われませんか?
 誰しも私は私であることを基本的には疑いません。
 じゃぁ、その根拠は? と問われると、自分自身の普通しか根拠として提示できないのです。

 そのとき、「私は誰」という問いに皆さんはどのようにお答えをされますか?

 それでは失礼いたします。


メインのHPです。
http://homepage2.nifty.com/SON/
WRPGのHPです。
http://isweb16.infoseek.co.jp/play/son001/
鉢花を生産する尾形園芸のHPです。
http://ogataengei.o.oo7.jp/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人は脳があるから考えるのか

 人は脳があるから考えるのか、考えるから脳があるのか?

 どっちでしょうねぇ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年1月18日 - 2004年1月24日 | トップページ | 2004年2月8日 - 2004年2月14日 »