« 2004年11月21日 - 2004年11月27日 | トップページ | 2004年12月5日 - 2004年12月11日 »

小泉内閣メールマガジン ラオス訪問 の感想

こんにちわ。呟き尾形です。

 
 
小泉内閣メールマガジン第166号ラオス訪問を読んだ感想を、小泉内閣
に送信した内容です。

-----------


ラオス訪問の感想です


> 外国との協力関係は、首脳レベルでの会議だけで成
>り立つものではありません。草の根レベルでの協力や
>交流の積み重ねが、国と国との友好、協力をかたち作
>るのだと思います。

> 「ラオスにきて、彼らに教えることよりも、かえっ
>て日本人が忘れていた人間として大切なものを教えら
>れたような気がする。」というNGOの男性の言葉が
>深く胸に残りました。
 同感です。

 となれば、草の根レベルで協力し合える環境づくり、つまり、積極的な文化交流できる環境づくりが政治としてとる手段のように思えました。

 日本において、外国の出来事はどこか他人事でリアリティーに欠ける風潮があるように思えます。それは、体験できる事柄ではないからであり、それは役人の仕事だ。という固定観念を持ってしまっているのかもしれません。


------------------

 実際、私のような小市民は、NGOなどで海外で頑張っている人のことを聞くと、ただただ、すごいなぁ。と思ってしまう。
 なんというか、自分の生活をするためで精一杯で、国家どころか、自分の身の回りのことで精一杯なのだ。
 余裕がない。
 これが、外国のことは、役人任せ、だから他人事。という風潮を生み出しているのかもしれないなぁ。と思わずにはいられない。
 でも、もし、ラオスに知っている人がいる。とか、そんなことになったら、もっと違ってくると思う。
 テレビの中だけのことじゃない。と思えるような気がする。

 そうじゃないと、すごく頑張れる人だけが頑張って、草の根レベルは活性化はで着ないように思えるんだよね。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
呟き尾形の今の政治に物申す

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


 政治について、意見があるときは、下記のサイトに言うのも一つの手かもしれません。

 
小泉内閣



自由民主党


公明党



民主党


共産党


社民党


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現象学入門・・・(呟き尾形の本棚)現象学って何? と思ったらこの本がお勧め

 (*^0^*)(☆o☆)(◎-◎)(ー_☆)(#^∇^#)/(^¬^)

呟き尾形の本棚・・・007号

(-_-;)(ToT)凸(●―●メ〇o。.(-。-)y-~~~メテオ!( ・_・)ノ ミ★
 物語を読めば、いろいろな顔になれるよね♪ d(⌒o⌒)b♪

本日紹介する本(こちらから購入できます)
現象学入門NHKブックス


登場人物紹介
『呟き尾形』:講師・・・のはず
クニークルス:奇妙な物言うウサギ。生徒のはず
「ムーシコス」:音楽の好きな少年。生徒。
※各台詞は、名前を囲んでいる括弧の人物の台詞です。

★★★
「こんにちわ。今回の呟き尾形の本棚にある本の紹介は、竹田青嗣著日本放送出版協会、いわゆるNHKブックスの現象学入門です」
 おっと、今度は哲学かい?
『そうです。でも、どうなんでしょう。たしかに哲学だけど、一風変わった学問なので、なんともいえないのですが、たぶん哲学のカテゴリーになると思います』
「と、言うと?」
『普通、哲学ってなんというか、こうあるべきとか、共通の真実を示唆するものですよね?』
 たしかに。
『でも、現象学はそういった、客観的な真実なんて無いと断言してしまうのです。
 そして、私たちが信じている真実は生活している間に埋め込まれた先入観であって、そういった偽りの真実を信じていては本当の真実は導き出されないといったような主張なのです』
「よくわからないなぁ」
『そうですね。難しいことは抜きに、先入観や憶測をもって物事を見るのは止めようというKNOW-HOWについて語っている本といってもいいでしょう』
 でも、先入観や憶測なんて簡単に取れるんじゃないの?
『いいえ、案外そうでもないのです。
 たとえば、一般常識とよばれるものなどは良い例で、一般常識と言われているものは、大まかには一致しているものの、たまに常識と信じていたものが実は非常識な行為だった。
 ということは良くあることです。
 それに、裁判だって、可能な限り客観的な材料から、判決を下すわけだけれども、間違った判決が全く無かったわけではありません。
 もし、客観的真実が本当にあるのなら、それこそ、弁護士の腕によって判決の内容が変るはずは無いのです』
「言われてみると、そうだね。
 でも、それを言ったら、先入観や憶測なしで判断するなんてできないんじゃないかな?」
 そーだ、そーだ。ムーシコス君の言うとおりだ!!!
『その方法について解説しているのが、”現象学入門”というわけです。
 ことさら難解といわれている現象学を分かりやすく解説しています。
 なんと言っても、近代哲学の有名どころ、デカルト、カント、ニーチェ、ヘーゲルの哲学を上手にまとめているので、
 ”現象学の問題とするところは・・・”
 と話に入るわけで、入門書であるだけに入りやすい構成になっています。
 とは言いつつも、やはり哲学なので面倒な言い回しは在りますが、ポイントポイントで、図解されているので言葉で理解できなくてもその図を見ながら読めば理解しやすくなります。
 その上、巻末には、現象学独特の専門用語の解説も書いてあるので、専門用語で分からなくなっても、そこをチェックすればOKという訳です。
 とにかく、内容自体が難しいことを忘れさせようと言う著者の努力が感じられます』
「ふ~ん、分かりやすいんだ。でも現象学を知って何を得するの?」
『もちろん、先入観や憶測を取り払う技術ですから、行き詰まった現状の問題の解決策のポイントを絞る役にも立ちます』
 へぇ、そりゃ便利だけど、でも、どんな風に?
『現象学ではエポケーという判断を停止する技術があります。
 いきなり、判断を停止しろといっても、人間は思考する存在ですから無理な話ですが、現象学ではそれを行う方法論を紹介します』
「でも、判断停止したって何にも解決しないんじゃない?」
『そう、でも判断を停止することで、これまでもっていた先入観も、自然と”はがれて”いきます。先入観が”はがれる”ことで、憶測はできなくなり
ます。
 問題点が解決できないのは、その問題点の根本的な原因と仕組みを理解されていないからです。
 ここで言う、根本的原因というのは、表面的な問題の原因などではなく、問題が生じた仕組みになった原因です。言ってしまえば、原因の原因、そのまた原因の原因とどこまでも掘り下げた結果の原因のことです。
 原因が理解されない原因の多くは、ありえない、普通ではない、考えられないの先入観による憶測、などの決め付けがある訳です。
 そういった決め付けをなくして、掘り下げて見つけた原因は、問題の根本的な解決になるわけです』
 う~ん、具体的には?
『そうですね。たとえば、
 小泉内閣メールマガジンなどでは、明るい行政改革ということで、駅前保育所案と言うものを立てているとします。
 これは、育児によって働きたくても、働けない女性が日本には、多く存在している。という問題点を解決するため、保育所を増やせばよい。という表面的な問題点の解決策を立てました。
 たしかに問題点の表面的な原因は保育所が少ないことですが、これは、育児が原因で仕事ができないのであれば、育児という作業を委託してしまえばよい。という先入観によって、見つけ出された原因でしかありません。
 しかし、ここで、さまざまな判断停止を行い、育児についての先入観をとりはらうと、育児とは作業ではなく、両親と子供のコミュニケーションであることが直観(直感ではなく、直観です)されるわけです。
 すると、育児を保育所に委託する。というだけであれば、むしろ有害な行為であることが分かります。
 ですので、子供を保育所へ預けて、はい、終わり。ということでは違う問題を引き起こしてしまいます。
 つまり、育児が原因で、女性が社会進出できないという問題点の掘り下げた原因は、可能な限り子供を保護できる環境が存在しない。ということになります。
 であるなら、職場に託児所を作成する。ということがベストであろうとかんがえます。もっとも、さすがに政府が立てる解決策としては、それは現実的に難しいでしょう。
 であれば、職場の最寄りの駅にも預けられるようになれば、さらによくなるようにおもえます。
 もっとも、現在の公立の保育所は、そこの住民でなければ入れないような仕組みになっていますので、その制度から着手しなければ、問題の根本的な解決にはいけないというわけです。
 そこで、市町村合併に持ち込もうとしますが、それこそ表面的な問題解決にしかなりません。
 単純に、合併しないでも市町村外の住人にもサービスできるようにすればいいだけなんですよね。つまり、身内にしかサービスをしない自治体のありかたを変えることが手始めになるわけです』
 なるほどね。物事の本質を捉えてゆくことこそが、本来行うべき行動を導き出すわけだ。
『そのとおりです。
 何か集団行動を取るとき、まず目的を決めて(政略)、その後に、目的を達成する環境を作り(戦略)、その後、目的を達成する行動を行う(戦術)といった手順を取りますが、政略の時点で間違いをおかせば、全てはパァになるわけです。
 失敗の例でいえば、本来家庭で行うべき教育まで学校に委託したことが、最近の若者の無気力なるものを誘発していると言うこともついでに言っておきたいですね。この調子で育児も作業として委託すると更なるしっぺ返しが来るでしょうね』
「なるほどね、でも後半は現象学よりも育児のはなしになっちゃったね」
 まぁ、現象学を使っての例だからいいんじゃない、細かいことはきにしない。だよ。ムーシコス君。
 それじゃ、アルデベルチ。

★★★★★ 更新情報 ★★★★★★

 さて、ここからは、ホームページ更新情報です。
http://tubuyakiogata.o.oo7.jp/index.htm
 今回は、小説を書こう!  186号 人称と視点について 7 人称のメリットデメリットを追加しました。

 次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) 人物 を追加しました。
 次に、次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) カテゴリー を追加しました。
 次に、WRPG プエルギガス年代記 オープニング プエルギガス年代記 アルコン リプレイ を追加しました。


★★★_現象学入門
20160119pa9180006


★★★現象学入門 で アフィリエイト★★★
 どうも、アクセス解析していると、「現象学」というキーワード で、検索されているらしいです。
 そこで、該当しそうな記事をリンクしておくことにしました。
現象学入門・・・(呟き尾形の本棚)現象学って何? と思ったらこの本がお勧め
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2004/12/post.html
はじめての現象学 哲学呟き尾形の本棚(現象学を紹介する本)
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2007/04/post_8b57.html

★★★ 小説を書こう! 2016年12月16日発行
186号 人称と視点について 7 人称のメリットデメリット


メルマガ購読・解除


 

心に響く名言集 毎週 月・火・水・木・金・土 曜日発行


メルマガ購読・解除


 

★★★

 名言おみくじで、悩み事を解消しましょう!!!

適職や適性を占う占いです。


★★★

★★★ 楽天 で アフィリエイト ★★★

★★★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★    

★★★★★★★ 呟き尾形のサイト リンク集 ★★★★★★★ (||゚Д゚)ヒェ~~~~~~~!!!ヽ(ヽ>ω<)イヤ( =o=)~~♪★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★    

呟き尾形の哲学手記
http://blog.so-net.ne.jp/tetugaku/
トマス・アクィナス
 

20161202

呟き尾形の花紀行 
http://flour.at.webry.info/
オダマキ 記事一覧 2016年7月25日

呟き尾形の雑記帳
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/
サイト更新情報 2016年12月11日 更新

呟き尾形の今の政治に物申す 
http://blogs.yahoo.co.jp/tubuyaki_o
記事一覧 2016年10月28日


名言の鐘
http://maximbell.blog19.fc2.com/
主義、主張の根幹は理想



呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

http://son.cocolog-nifty.com/backnumber/
配色のテクニック ③ 落ち着いた配色 呟き尾形の色の心理学 第25回

呟き尾形の占いの話
http://blog.livedoor.jp/tubuyaki1/
記事一覧 呟き尾形の占いの話 2016年11月21日

みなオク創作ノート
http://son.cocolog-nifty.com/etp_pb/
相手の歴史を学ぶ

呟き尾形の本棚
http://plaza.rakuten.co.jp/tubuyakiogata/
苦しいこと、嫌なことは、後から考えれば役に立つ #名言

言葉生花
http://d.hatena.ne.jp/tubuyakiogata/
アゲラタム 02

みんなで哲学を語ろうML
http://www.freeml.com/ept
名言: 意義をある人生にするために

みんなで哲学を語ろう
http://wiki.livedoor.jp/minatetu/
パスカル


呟き尾形の自転
http://wiki.livedoor.jp/tubuyaki1/
ウルトラ怪獣自転

呟き堂
http://son.cocolog-nifty.com/tubuyakidou/
仮面ライダー キバ DVD

twitter
https://twitter.com/tubuyaki
尊敬する心は、強い信念を生む

ニコットタウン
http://www.nicotto.jp/user/mypage/index?user_id=251065
名言: 物の見方で結果は変わる

Sun Of Night
http://www37.atwiki.jp/webrpg
食料品の生産方法はどうなっているのでしょうか?

mixi
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=251499
名言: 一度言って伝わらなくても、時が熟したときにもう一度言えば心に響く言葉になり正しく理解できる

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★    

(((@0@)))(,,゜Д゜)oOヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ(x_x) アチャ★★ ↑★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び男たちへ・・・(呟き尾形の本棚) 知的な女性からの男性へのアイロニー

(*^0^*)(☆o☆)(◎-◎)(ー_☆)(#^∇^#)/(^¬^)

呟き尾形の本棚・・・006号

(-_-;)(ToT)凸(●―●メ〇o。.(-。-)y-~~~メテオ!( ・_・)ノ ミ★
 物語を読めば、いろいろな顔になれるよね♪ d(⌒o⌒)b♪

本日紹介する本(こちらから購入できます)
再び男たちへ―フツウである...文春文庫


登場人物紹介
『呟き尾形』:講師・・・のはず
クニークルス:奇妙な物言うウサギ。生徒のはず
「ムーシコス」:音楽の好きな少年。生徒。
※各台詞は、名前を囲んでいる括弧の人物の台詞です

「こんにちわ。今回の呟き尾形の本棚にある本の紹介は、塩野七星著、再び男達へです」
再び? ということは、過去にあったということ?
『あります。ただ、σ(^0^) が間違えて最初に”再び男たちへ”を購入して読んだんです』
 へぇヾ(  ̄▽)ゞオホホホホ
「クニークルス君、笑っちゃ悪いよぉ( ̄ε ̄;)ププ」
『えーい、だけど、これは結果論だけど、σ(^0^) は最初に”再び男たちへ”を読んでよかったと思っているんだ』
 なんでまた?
『表紙に書いてある言葉があってね』
「あ、本当だ。
 なになに・・・フツウであることに満足できなくなった男のための63章?」
 え? セニョール 呟き尾形はもともと普通じゃ・・・
『超電磁スピン!!ξэξэξэξэ>-O>』
 \(≧血≦;)(;≧血≦)/ギャー
 (x_x)ウーン
「く、クニークルス君・・・し、死んでるq(//▽//)pきゃー」
『大丈夫、殺しても死なない奴だから。
 それはさておき、σ(^0^) はこの本を手にとって、最初の一言にしびれてしまった。
 ”戦争は悲惨でばかげているからできる限り回避されなければならないが、一つだけ利点がある。”』
「それで?」
『σ(^0^) はその時、国家レベルの利益とかそんな陳腐な言葉が続くかと思いました。
 しかし、それは自分がなんて陳腐な考えしかもてないんだろうと思い知らされました。
 さて、続きは、”人間の欲求を単純化してくれるメリットだ”という言葉がつなげられます。
 もちろん、これは戦争を美化するものではなく、何事にもメリットとデメリットが存在するということを伝えるためのはじめの言葉ですが、この文章を読んだとき、自分がいかに一方通行な物の見方をしているんだろうとおもいしら
された文章でした。
 もちろん、この後の話も、知的な女性からの男性へのアイロニーの含んだメッセージがたくさんありました。
 それも、西洋の歴史を例に出されながら言われるものだからものすごい説得力を感じさせられたのが今でも思い出されます』
 で、この塩野七生という作家のほかの作品もものすごく面白い。
 大体、シニョール 呟き尾形がめったに手を出さないエッセイに手を出したのは、コンスタンティノーブルの陥落、ロードス島攻防記、レパントの海戦の3部作を読んで面白いと思ったからなんだ。
 他にも、チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷、ルネッサンスの女たち、海の都の物語、サイレント・マイリティー、わが友マキアヴェッリと中世イタリアを中心とした歴史モノも面白かったんだよね。
「あ、クニークルス君。さっきまで死んでなかったの?」
 うん。ついさっき、生き返ったんだ。
『まったく、節操の無いやつめ』
 細かいことは気にしない。
 それじゃ、アルデベルチ


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵本の読み聞かせと育児の体験記 浦島太郎

こんにちわ。呟き尾形です。

 先日、大量に絵本を購入しました。
 まぁ、もうすぐ4才になる息子に読み聞かせるためです。

 その中に浦島太郎がありました。

 まぁ、こちらのblogを読む方なら、浦島太郎のお話はご存知でしょう。

 読み終えた後、息子は「なんで?」と首を傾げていました。

 お土産の玉手箱を開けて、浦島太郎がおじいさんになる。ということが納得いかなかったようです。
 たしかに、浦島太郎は亀を助けたし、特にこれといって悪いことはしていません。
 強いて言うなら忠告を無視して玉手箱を開けたぐらいです。
 とはいいつつも、浦島太郎が帰った先には、帰るところがないのです。家に帰ってから開けなさいというのも無理と言うものです。


(あとは、竜宮城で遊び呆けてしまったという解釈もあるでしょうけど)

 多くの物語のパターンなら、竜宮城でいつまでも幸せに暮らして終わるのが王道と言うものでしょう。
 それが、乙姫様が渡した玉手箱を開けたらおじいさんになるという、まるで乙姫様がしかけたワナだともうけとれかねません。
 考えすぎというには、出来すぎています。
 乙姫は、浦島太郎が帰ればどなるか知っているはずです。
 それでいて、「家に帰るまで玉手箱を開けてはいけません」と言います。
 「開けてはいけないものを、なぜあげるのか?」
 「そこになんの意味があるのか?」
 もしかしたら、浦島太郎は開けるだろうと思いつつ、「開けてはいけない」と言
いながら渡すあたりが、人間の心の弱さを見透かしたような罠だったのかもしれない。
 それにしても、「乙姫の意図とは何だろうか?」
 大人の私ですら、疑問だらけで、4歳になる息子が分かるわけもありません。

 ですから、息子がどんな疑問を持っているかは、容易に想像がつきました。
 もちろん、浦島太郎の心理学的な分析
 という解釈も可能ですが、それを4歳児にするわけにもいきません。

 なので、どこまで息子が理解できて、どこまで分からないのか確認しながら、あーでもない。こーでもない。と、息子主体で一緒に考えていきました。
 育児における親の役割というのは、そうしたものじゃないかなぁ。と思います。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の育児手記

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星座の性質 完成!

こんにちわ。呟き尾形です。
 先日はものすごい風でした。
 さすがに私が飛ばされることは無かったけれど、突風による轟音は、ちょっと驚いてしまいました。

 さて、今回は、呟き尾形の色の心理学、色と感情についてです。次に、小説を書こう! は投稿小説 フタリシズカを掲載しました。
 そして、最後に、星座の性質、魚座についてです。



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月21日 - 2004年11月27日 | トップページ | 2004年12月5日 - 2004年12月11日 »