« 2004年11月7日 - 2004年11月13日 | トップページ | 2004年11月21日 - 2004年11月27日 »

小泉内閣メールマガジン ”「真心支援」をモットーに”の感想

こんにちわ。呟き尾形です。

 
 
小泉内閣メールマガジン第164号のらいおんはーとを読んだ感想を、小泉内閣
に送信した内容です。

-----------
”「真心支援」をモットーに”の感想です。

 現地の児童代表の女の子の言葉は、心打たれました。
 真心支援も大賛成です。

 しかし、TV、インターネットを通して、なぜか、私には争いの、戦争の種としての情報しか入ってきません。

 なぜでしょう?

 だれか、争いたがっている人がいるのでしょうか?

---------------

 対象となる記事、”「真心支援」をモットーに”は、単なるプロパガンダだろうか?
 私は違うと思います。
 上手く説明できませんが、当事者でなければ、書けない文章というものはあります。
 それに対して、”子どもは国の宝”の軽薄なことといったら、どうせ、第三者が書いたであろうという内容の無さです。

 なんというか、当事者は必死に頑張っていて、その成果を上げているのに、それを上手く利用できない、あるいは、それを利用してやろうという存在が、国際情勢の混乱の根源のような気がしてなりません。
 


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
呟き尾形の今の政治に物申す

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


 政治について、意見があるときは、下記のサイトに言うのも一つの手かもしれません。

 
小泉内閣



自由民主党


公明党



民主党


共産党


社民党

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小泉内閣メールマガジン の文部省の記事の感想

こんにちわ。呟き尾形です。

 
 
小泉内閣メールマガジン第164号の子どもは国の宝(読んだ感想を、小泉内閣
に送信した内容です。

-----------

> テレビゲームなどだけでなく、もっと本を読み、もっと外に出て、スポー
>ツに親しみ、運動で汗を流そうと提唱したい。そのためには、学校や家庭、
>地域全体で子どもたちの多様な体験活動の機会を作ることが必要です。
 現実的に見て、そのような時間と場所は現代の子供たちにあるのか疑問です。
 運動で汗を流し、自然に触れる環境がどこにあるのか?
 読書の魅力も伝えられない教育において、もっと本を読めなどといって、読む子供はいません。
 ちなみに、私は国語の教科書ほど、読書の魅力をうせさせるものはないということを経験しています。
 私は読書が好きですが、これが文部省という学校の教育によるものじゃ在りませんでした。
 上記の理由から、上記の語られた提唱されたことは無理。
 と判断します。
 ところで、「子どもは国の宝」で提唱されているそうですが、提唱されるまでも無い、大人が子供に期待している常識だと思いました。
 提唱とは、新しい考えを人々に先立って主張することですが、上述したように、善良な大人なら、誰でも考えそうなことを提唱されると文部省がこれでは先が思いやられます。

 主張の内容には異論はありません。まさに、理想的と思います。しかし、理想なら、誰にでも語れます。理想を実現させる方法の概要をメールマガジンで知りたいです。

 ところで、上記のことを実現させる方法を提案します。

 生徒数の少ない学校、あるいは過疎化が進む地域に、長期合宿させれば、提唱されたことの実現は可能になると考えます。

---------------

 ところで、私はメールマガジンを読む限り、現在の文部大臣の記事には光るものなし。と評価しちゃいました。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
呟き尾形の今の政治に物申す

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


 政治について、意見があるときは、下記のサイトに言うのも一つの手かもしれません。

 
小泉内閣



自由民主党


公明党



民主党


共産党


社民党

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イラクの人道復興支援・・・

こんにちわ。呟き尾形です。

 
 
小泉内閣メールマガジン第164号のらいおんはーとを読んだ感想を、小泉内閣
に送信した内容です。

-----------

 支援の内容、実績は良いことだと思いますし、可能ならば続けて欲しい。とも思います。
 しかし、私は、メールマガジン以外から、その情報が伝わってきません。
 なぜ、われわれに伝わってこないのでしょう?

 むしろ、激化する情勢、戦場と化したイラク。
 イラク自衛隊派遣の大前提であったはずの非戦闘区域ではなくなっていると判断せざるを得ないような情報が大多数です。
 さらに言うなら、日本は敵国であるという声明(?)があったとの報道もあります。
 本当にイラクの為になっているのでしょうか?
 日本政府は恩の押し売りをしてはいないのか?

 私に入ってくる情報から判断する限りでは、派遣の前提も崩れ、日本、イラク、そして世界情勢にどのようなメリットがあるのか分からないのですから、そのまま撤退という判断をせざるを得ないように思います。

---------------

 実際、どうなのだろう?


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
呟き尾形の今の政治に物申す

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


 政治について、意見があるときは、下記のサイトに言うのも一つの手かもしれません。

 
小泉内閣



自由民主党


公明党



民主党


共産党


社民党

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我々がある人間を憎む場合

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日であえた名言です。


  我々がある人間を憎む場合、
  我々は彼の姿を借りて我々の内部にある何者かを憎んでいるのである。

  ― ヘルマン・ヘッセ ―(『デミアン』)


 心理学としてのスタンスは意識上での問題は、無意識に原因がある。
 という考え方があります。

 その中でシャドーとは、自覚していない自分自身である。ということになります。
 面倒なのは、意識の方では、自覚していないわけですから、自分には心当たりがありません。自分の中にある認めたくない自分(シャドー)は無意識下に押さえ込まれ、外部への否定という形で現れます。
 それらを上手くコントロールできないからこそ、人は他人や物に嫌悪を感じます。

まさに、
 私達が、他人を憎むというときは、自分自身の内部(シャドー)を憎んでいる。
ということがいえます。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

色のセンスの磨き方

 こんにちわ。呟き尾形です。
 こちらでは、木枯らしが吹きました。
 暖房器具に冬服。毎年お世話になります。
 いよいよ冬の到来です。

 さて、今回は、呟き尾形の色の心理学の第27回、色のセンスの磨き方についてです。
 次に、小説 トレーニング 色(赤)を追加しました。
 その色を言わずに、その色を感じさせられるか。と言うことをテーマにトレーニングしました。
 最後に星座の性質。今回は山羊座の性質について追加しました。



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月7日 - 2004年11月13日 | トップページ | 2004年11月21日 - 2004年11月27日 »