« 呟き尾形の本棚 | トップページ | ソフィーの世界・・・(呟き尾形の本棚)哲学をやさしく学べる本 »

「モモ」・・・(呟き尾形の本棚)時間の価値ってなんだろう?

(*^0^*)(☆o☆)(◎-◎)(ー_☆)(#^∇^#)/(^¬^)

呟き尾形の本棚・・・001号

(-_-;)(ToT)凸(●―●メ〇o。.(-。-)y-~~~メテオ!( ・_・)ノ ミ★
 物語を読めば、いろいろな顔になれるよね♪ d(⌒o⌒)b♪

本日紹介する本(こちらをクリックすれば購入できます)
モモ―時間どろぼうとぬすま...岩波少年少女の本 37

登場人物紹介
『呟き尾形』:講師・・・のはず
クニークルス:奇妙な物言うウサギ。生徒のはず
「ムーシコス」:音楽の好きな少年。生徒。
※各台詞は、名前を囲んでいる括弧の人物の台詞です。

★★★
「こんにちわ。初回の呟き尾形の本棚にある本の紹介は、ミヒャエル・エンデ著、モモです」
 おっと、初めて異国の人の作家だねぇ。
『実は、モモは君たちととても関係が深い本なんです』
 わかった、モモを盗作したんだ!!!
「クニークルス君。せめて、モチーフにしたっていうべきじゃないかな」
『ちがーう!!!(○`ε´○)ぶーっ
 モモを読み終えて、童話を書きたいと思った初めての本なんです』
 なーんだ、結局、とうさ・・・いて。
(x_x) ☆\(^^;) ぽかっ
超電磁スピン!!ξэξэξэξэ>-O>ε=ε=ε=\(●o○;)ノあ~れ~
「あ、とんでっちゃんた」
『さて、うるさいやつが消えたところで、モモの紹介をしましょうか』
「そういえば、僕らと関係が深いというのはどういうこと?」
『そうですね。もともと、私は小説を書きたかったのですが、なかなかかけないでいました。理由はわかりませんが、小説を書いても、結局竜頭蛇尾の物語で、つまらない物語しかできませんでした』
「ふ~ん」
『でも、童話という形をとることで、これまでかけなかったことが、表現できるんじゃないか、と思ったわけです。
 でも、書いてみるとわかるけれど、童話ってものすごく難しいんですよね。
 とはいえ、何とか書き終えたのが、君たちの登場するムーシコスのバイオリンだというわけです』
「じゃぁ、もしかしたら、モモを読まなかったら、僕らは存在すらしなかったわけなんだ」
『そうともいえます。
 さて、内容だけれども、タイトルと同じ名前のモモが主人公なんだ。
 この、モモというのは、身よりもなく、言ってしまえば浮浪者のような、女の子。だけど、モモは人の話に耳を傾けると言う特技を持っていました』
「それって、特技なのかなぁ・・・」
『実際、やってみれば分かりますよ。相手の話にじっと耳を傾けることの難しさは、やってみないと分かりませんからね』
「う~ん、確かに僕もこうして、口をはさんでるものね」
『それはさておき、モモは町のみんなと仲良く暮らしていました。
 ある日、灰色の男たちが現れて、言葉巧みに町の人々がむだな時間を節約して、時間を貯蓄する契約をするよう、勧めたのです』
「時間の貯蓄?」
『そう。無駄な時間とは、余暇といってもいいような時間だね。
 友達と無駄話をする時間、趣味の時間、両親の世話をする時間、子供の世話をする時間。
 そういった時間を一切、無駄。と言い切って、時間を倹約して有効な時間の使い方をするように勧めたのです』
「それって何か変じゃないかなぁ?」
『そう。確かにおかしいです。でも、灰色の男たちは、悪徳商法のセールスマンのように、巧みな言葉と、意味のありそうな数字を並べ立てて、その人がいかに時間を浪費しているかを告げました。
 そして、この契約は、口約束だけでできますし、契約書へのサインもいりません。しかし、解約できません』
 そうして、無駄な時間を短縮することを何よりも優先させるようになっていた。まさしく、時は金なりというわけです。
 でも、皮肉なものですね。時間に価値を与えすぎて、時間を倹約するればするほど、光陰矢のごとしと言わんばかりに時間がなくなってしまいます。
 そして、みんなが口にするのは”時は金なり、節約せよ””時間は貴重だ、無駄にするな”こればかり。
 それもそのはず。町のみんなは灰色の男たちに、ある意味時間を盗まれていたからなんです』
「なんか、おそろしいね」
『実際、私たちも、時間泥棒に時間を盗まれているのかもしれない。その証拠に私たちは時間に縛られているからね』
「つまり、時間泥棒が盗んだ時間は、自分の自由になる時間。余裕のある時間なんだね」
『そう。そして、モモはみんなの時間を取り戻すべく灰色の男たちに立ち向かうんだ』
 なるほど。それで、ミヒャエル・エンデのモモという童話という物語を通して、現代社会人へ対する強いメッセージ性を与える手法に感動し、自分も童話を書いてみたいと呟き尾形は思ったわけだね。
「わ、クニークルス君。いつの間に」
 細かいことは気にしない。
 それじゃ、アルデベルチ。

★★★ 第2回(ソフィーの世界へ)

ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 呟き尾形の本棚 | トップページ | ソフィーの世界・・・(呟き尾形の本棚)哲学をやさしく学べる本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/1874845

この記事へのトラックバック一覧です: 「モモ」・・・(呟き尾形の本棚)時間の価値ってなんだろう?:

« 呟き尾形の本棚 | トップページ | ソフィーの世界・・・(呟き尾形の本棚)哲学をやさしく学べる本 »