« 色のセンスの磨き方 | トップページ | イラクの人道復興支援・・・ »

我々がある人間を憎む場合

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日であえた名言です。


  我々がある人間を憎む場合、
  我々は彼の姿を借りて我々の内部にある何者かを憎んでいるのである。

  ― ヘルマン・ヘッセ ―(『デミアン』)


 心理学としてのスタンスは意識上での問題は、無意識に原因がある。
 という考え方があります。

 その中でシャドーとは、自覚していない自分自身である。ということになります。
 面倒なのは、意識の方では、自覚していないわけですから、自分には心当たりがありません。自分の中にある認めたくない自分(シャドー)は無意識下に押さえ込まれ、外部への否定という形で現れます。
 それらを上手くコントロールできないからこそ、人は他人や物に嫌悪を感じます。

まさに、
 私達が、他人を憎むというときは、自分自身の内部(シャドー)を憎んでいる。
ということがいえます。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


|

« 色のセンスの磨き方 | トップページ | イラクの人道復興支援・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/1990468

この記事へのトラックバック一覧です: 我々がある人間を憎む場合:

« 色のセンスの磨き方 | トップページ | イラクの人道復興支援・・・ »