« 選挙で当選しなかった人へ投票した主権者の声はいずこへ | トップページ | ガンダム雑学 更新しました »

選挙ストライキから納税ストライキへ

こんにちわ。呟き尾形です。

 日本のプロ野球において、選手会と経営陣とで、いろいろ話し合っているそうです。
 選手会は、一方的な経営者側の主張に、場合によってはストライキも考えているそうです。

 そりゃ、そうだよな。と思います。

 なんか、これって、国政にもにたような、なんていうんでしょう、お上が決めたから従わざるを得ない。っていう感じの、諦めにもにた、落胆だけダメなんだ。
 強引といわれるまでの、何らかの形で気持ちを表さないと、上には通じないんだ。
 ということを感じさせられました。

 一般常識においては、それを選挙で反映させればいい。ということになっているけれど、選挙のときだけいい顔をする立候補者と行政では、疑問符がつきます。
 その上、投票しても、当選しなかった人に投票した”尊い一票”は、現在のシステムにおいて、無効も同然になります。

 そこで、多くの人は選挙ストライキに入っているわけですが、その効果むなしく、逆に浮動票が少なくなって、ニンマリさせるような状況です。

 もう少し、困る形にしないと、分かってもらえないようです。
 そこで、思いついたのが、納税ストライキ。

 もちろん、非常識この上ない発想です。法律違反そのものです。

 でも、民意を無視するという、民主主義の理念に反することは法律違反にはなりません。
 彼らは、納税が当たり前だと思っているでしょう。

 しかし、民主主義国家において、民意を無視することは悪いことです。

 ちょっとまとめてみましょう。

 理念にそむくことは悪いことである。
 政治家の多くは理念を無視している。
 ゆえに、政治家は悪いことをしている。

 三段論法の出来上がりです。

 法律を違反しなければ、どんな悪いことをしてもいいのでしょうか?

 良いわけがありません。じゃぁ、法律が不足しているのか?
 いいえ、違います。法律は人の良心を前提にしています。
 それを、多くの政治家は悪用しているのでしょう。

 その政治家はルール違反をしている。
 ルール違反をすれば、何らかのペナルティーを受ける。
 ゆえに、その政治家は、なんらかのペナルティーを受ける(べきである)。

 これも、三段論法の出来上がりです。

 汚職だけが、政治家の悪いことではありません。
 民主主義において、政治家は公僕とも言える役割であり、国民の為に働く責務が発生します。まぁ、民意を尊重するってことです。
 それをしないのは、ルール違反と言うものでしょう。

 まぁ、ルールを守らない相手がいるからといって、自分もルールを守らないというのでは、同じ低レベルな存在になるので、本気で納税ストライキをするつもりはありません。
 が、そこまでしないと分かってもらえないのかなぁ。と思ってしまいます。

 せめて、選挙の投票率の低さって、選挙ストライキだってぐらい、わかってよ。とは言いたいですね。

 まぁ、選挙ストライキに効果がないのは分かっているから、今日の選挙には行くつもりだけどさ・・・

 ちなみに、意見を言うなら・・・

小泉内閣

自由民主党  

公明党
 
民主党  

共産党 

社民党 

呟き尾形のサイト
 白い時計塔のある村  

|

« 選挙で当選しなかった人へ投票した主権者の声はいずこへ | トップページ | ガンダム雑学 更新しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/943550

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙ストライキから納税ストライキへ:

» 連合会長、古田選手会長らと会談へ プロ野球合併問題 [永遠のセルマ・リッター]
民主党の良い選挙運動になるのに、どうして発表を選挙後まで控えていたのだろう。 不 [続きを読む]

受信: 2004.07.12 15:30

« 選挙で当選しなかった人へ投票した主権者の声はいずこへ | トップページ | ガンダム雑学 更新しました »