« 年金改革は、無駄遣い改革から! | トップページ | 効果的な配色について »

保養所建設を年金保険料でつくる必要があるのか

こんにちわ。呟き尾形です。

 小泉内閣メールマガジンを読んムカムカしてきました。

 なんでも、保養所建設を年金保険料でつくる必要があるのかと言ったのは、今の日本の宰相が、厚生大臣だったころだそうです。

 これを読んだときは、思わず、思ってしまいます。
 「言っているだけなら、政治家はいらないよな」
 年金未納問題の根本は、年金の赤字財政を根拠とした、将来への信頼の欠如です。
 となれば、未納者を罰するとか、年金の本来の目的である、高年齢者への支払いをしぶったり、若者への徴収強化と値上げの前に、いわゆる内部の改革でしょう。
 それをなくして、信頼回復などありえないのは、民間では常識です。
 これだから、官はムダが多いんでしょうね。

 で、いわゆる、年金のムダ使いをなくす改革は、確実に進めるとメールマガジンでいいましたが、そもそも、われわれが期待しているのは、まず、それをきちんとすることのはずです(勘違いでしたっけ?)。
 それが約束できた上で「痛み」なら、納得もするでしょう。
 将来がどうこう言う前に、今がダメなんだから、現状の内部を何とかしよう。という発想はナンデ出てこないんでしょうね。
 これじゃ、ただただ、いじめられるように「痛み」っぱなしで、神経がマヒしちゃいます。

 ちなみに、意見を言うなら・・・

小泉内閣

自由民主党  

公明党
 
民主党  

共産党 

社民党 

 呟き尾形のサイト

 白い時計塔のある村  

|

« 年金改革は、無駄遣い改革から! | トップページ | 効果的な配色について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/889411

この記事へのトラックバック一覧です: 保養所建設を年金保険料でつくる必要があるのか:

« 年金改革は、無駄遣い改革から! | トップページ | 効果的な配色について »