« 呟き尾形の育児手記 | トップページ | 小説を書こう! »

 新5000円札の肖像、樋口一葉。

 こんにちわ。呟き尾形です。

 こんど、新札が発行されるということですが、夏目漱石から野口英世、新渡戸稲造から樋口一葉、一万円札は福沢諭吉のまま。ということになるそうです。

 まぁ、個人的な知識からすると、夏目漱石や野口英世は知名度は高いのですが、不思議と、新渡戸稲造、樋口一葉は知名度は低いように思えます。
 これは、単なる偶然か、それとも陰謀か?
 とも思えなくもないのですが、もちろん、新渡戸稲造は、激動の幕末、明治という時代に、日本初の国際人といえるような活動をした人らしいです。
 さらに、当時の日本が遅れているとされた、女子教育も力を入れた人だとも言われています。
 で、樋口一葉はどうかというと、24歳という若さで、亡くなった、女流作家・歌人です。
 当時、女性と言うだけで、差別された時代に、作家活動をするというのは、ものすごいことです。
 さらに、亡くなる前の1年という期間で数々の名作を残したそうです。

 5千円札というのは、女性の文化的な活動をコンセプトにしているのだろうか?

 なんておもったりもしました。


 白い時計塔のある村

|

« 呟き尾形の育児手記 | トップページ | 小説を書こう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/774694

この記事へのトラックバック一覧です:  新5000円札の肖像、樋口一葉。:

« 呟き尾形の育児手記 | トップページ | 小説を書こう! »