« バーバリアン | トップページ | 失敗からは必ず新たな発見がある »

なぜ、地方公務員がせめられるのか?

こんにちわ。呟き尾形です。

 まぁ、当たり前のことではありますが、もしかしたら、当の地方公務員は、「私はこんなにがんばっているのに、なぜ、せめられる?」と本気で思っているかもしれないので、つらつらと書くことにします。

 で、地方公務員だって、仕事ですし、仕事するのも人間です。
 民間と違うからって責められる道理もないはずです。
 民間だって、ひまなときはひまだし、ボーナスがもらえるときはもらえる。民間だってとんでもない管理職だっています。

 しかし、民間は、日々努力しています。自分で稼いでいます。
 で、結果がだめなら、終わりです。

 もちろん、地方公務員もがんばっているのでしょう。でも、その資金は稼いでくるわけではありません。
 地方公務員が勤め先は、つぶれることはほとんどありません。

 民間は良い結果を出さなければ終わりですが、地方公務員はいるだけでOKです。

 どういうことかというと、良い結果を出すためには、ムダをムダと自覚する必要があるのです。
 そして、そのムダを無くす、創意工夫が必要が必要です。
 つまり、日々、創意工夫しなければいけない。ということですが、地方公務員はそんなことをしなくてすみます。

 私達が税金を払っているからです。
 つまり、納税者がスポンサーともいえるわけです。

 実際に、その業務の行われ方が給料に見合っているのでしょうか?

 いや、自分でお金を稼いでくるなら、いいんですよ。きっと。それが血税でおろそかにされて、不正に使われているように感じるから、責められるのだと思います。

 ちがうかな?
 
 

|

« バーバリアン | トップページ | 失敗からは必ず新たな発見がある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/874677

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、地方公務員がせめられるのか?:

« バーバリアン | トップページ | 失敗からは必ず新たな発見がある »