« 敗北哲学 | トップページ | 哲学の魅力 »

さわやかな色・さわやかなサイトの配色

こんにちわ。呟き尾形です。

 梅雨時になったとたんに、台風がやってくるというような印象がありますね。

 これを読まれているあなたは、さわやかな色といいますと何色を上げられますか?

 私は、断然空色、いわゆる青系の色です。
 これは、一般的にも言えるらしく、明るい青形のウェブの配色はさわやかさを印象付けるそうです。

 これからの季節は初夏になるそうですが、初夏のイメージは、青に黄色を混ぜて言ったような色がよりいっそう効果的だとか。
 暑中見舞いなどで利用してみてはいかがでしょうか?

 ただ、同じ青系でも、濁色と呼ばれる純色に灰色を混ぜて、明度を下げていくと、逆効果だそうです。

 雨が多くなり、湿気が多くなる季節になります。せめて、心理的にはさわやかさを維持するような配色もよろしいかと思い、つらつらと語りました。

 それでは失礼いたします。

 白い時計塔のある村

 呟き尾形の色の心理学

|

« 敗北哲学 | トップページ | 哲学の魅力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/801991

この記事へのトラックバック一覧です: さわやかな色・さわやかなサイトの配色:

« 敗北哲学 | トップページ | 哲学の魅力 »