« エイプリルフール | トップページ | 空について »

ゲーム小説

こんにちわ。呟き尾形です。

 いやはや、サイトに新しいコンテンツを追加しようとして企画したゲーム小説、結構大変ですね。

 とりあえず、ここで言う、ゲーム小説とは? といいますと、最近、ゲーム小説という言葉を耳にしますが、どうもテレビゲームを小説化されたもの、つまり、対象となるゲームの設定や世界観、背景、キャラクターを小説化されたもの。と定義されているようです。
 まぁ、これは私の感想ですし、こういった定義は、時代とともに常に変わります。とある、小説を募集では、むしろゲームの小説化は禁止。というのもあるそうで、どうも、編集部いわく、“ゲーム小説”とは「ジャンルは関係なく、とにかく面白すぎる小説のこと」というものもありますが、とりあえず、このコンテンツではこれらゲーム小説とは無関係です。

 むしろ、ゲーム小説を、ゲームブックのような、ストーリーの選択肢のある小説。として定義しています。
 何それ? とおもわれると思います。
 大雑把な言い方をすると、ストーリー分岐型の冒険小説(みたいなもの)です。物語の舞台はさまざまです。
 小説は、なぞらえたストーリがあり、それを読み進みますが、ゲーム小説では、読み手はしばしば選択を迫られます。
「道路は左右に分かれている。右には露店、左には広場がある。あなたはどちらに進むか?」と、このような調子です。
 始めの方は、そんな調子ですが、クライマックスになると、主人公は究極の選択ともいわれるような選択をせまられます。
 人質を盾に、敵に要求された要求を飲むか飲まないか。
 小説ならば登場人物が進む方向を勝手に決めてしまいますが、ゲーム小説では読み手がどちらか好きな方を選べます。
 そして、どちらかを選ぶとその結果がわかるようになっています。
 読者はその主人公になりきって物語を読み進めるわけです。
 同じストーリーでも、選択によって何通りもの物語ができてくる……これがゲーム小説のいいところです。
 つまり、自分で物語を進めていくという、ちょっと変わったオンライン小説を提供しようと言う提案でもあります。

 なんにしても、WRPGの一環として、ゲーム小説を進めて行く予定です。

 ともあれ、企画段階で、シナリオを作成したところです。
 ゲーム小説そのものは、現在作成中です。

 でも、いきなり大作を作ると失敗するので、とりあえず、テスト的なものを書いていますが、これだけでも、結構な文量になっています。
 パターンだけでも30を超えてしまいました。やっと、14パターン書き終えたところ・・・。

 さてさて、どうなることやら(>_<)

|

« エイプリルフール | トップページ | 空について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/407160

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム小説:

« エイプリルフール | トップページ | 空について »