「校庭を花でいっぱいにしよう!」プロジェクト

こんにちは。尾形園芸です。

 リヴォルブ様より、花いっぱいプロジェクトでお花を飾りました。


こんにちは。尾形園芸です。

 リヴォルブ学校教育研究所様の 「校庭を花でいっぱいにしよう!」プロジェクトにて、野蒜小学校と宮戸小学校にサイネリアの花をお届けしました。

 リヴォルブ様より、花いっぱいプロジェクトでお花を飾りました。

 2年と言う歳月がたっても、被害の大きな地域はまだまだ不十分な教育環境で、さまざまな問題を抱えています。
 特に、十分な広さのある校庭がないという問題は、本来、のびのびと校庭を走り回れるはずの場所がないというのは、被災地の大人として切ない気持になってしまいます。
 それでも、子供たちは元気に育ってくれているということは、報道されていない暗いニュースの多い被災地でのせめてもの救いであると同時に、復興に向けてのエネルギー源にもなっています。
 そんな子供たちの学び舎に花でいっぱいにして元気づけていただける支援は非常に有難く感じます。
 この場を借りて、感謝の言葉をお伝えしたいと思います。



●野蒜小学校
 野蒜小学校の卒業式と入学式をサイネリアで飾ることができました。
 野蒜小学校は、東日本大震災の大きな揺れと1階の天井まで津波が押し寄せたため、現在仮設の校舎で授業をしています。
 卒業式も、近くの市民センターを借りて卒業式と入学式が行われました。
 尾形園芸の会長も社長も私も、そして、私の息子も野蒜小学校の卒業生として、卒業式を尾形園芸で生産した花で飾ることができてうれしいです。
 また、総合の授業では、生徒たちが花を植えることになり、ベコニアやマリーゴールドを納品しました。

 サイネリア(入学式)

P4080003

 

 

P4080002

 仮設校舎入口(野蒜小学校)

P5080003

 

 

 

 

 

 

マリーゴールド と ベコニア と 土

P5080004

 

 

 

 

 

 P5080001

 

 

 

 

 

 

教室に飾る花 ゼラニウム

P5080005

 

 

 

 

 

 

 ●宮戸小学校

P5130024
  

 

 

 

 

 

宮戸小学校は高台にあり、大きな津波被害は及ばなかったものの、高台の少ない宮戸地区は、仮設住宅を宮戸小学校の校庭に建設せざるを得ないという苦渋の選択をされました。
 校庭に仮設住宅があるという不便な状況でも、宮戸小学校の生徒たちは元気いっぱいにがんばっています。
 現在では、この状況を少しでも改善しようと、宮戸小学校の仮設の校庭が宮戸小学校の近くに設置されています。

 卒業式でサイネリアを。
 花をプランターに植える授業にはペチュニアを納品しました。

 サイネリア

20130315p3150032

 

 

 

 

ペチュニア

P5130023

| コメント (0) | トラックバック (0)

<p><a href="http://www.yamotohigashi-e.myswan.ne.jp/">&nbsp;</a><a href="http://rise.gr.jp/">リヴォルブ学校教育研究所</a>様の
<a href="http://rise.gr.jp/hana_pj">「校庭を花でいっぱいにしよう!」プロジェクトにて、</a><br /> 大曲小学校に花苗をお届けしました。

 配達直前の花苗です
P4060001  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 ムルチコーレです
P4060002  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 デージーです
P4060003  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 パンジーです
P4060004  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 ビオラです
P4060005   

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 ノースポールです
P4060006  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 大曲小学校にお届けしました
P4060007  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

P4060008  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

 リヴォルブ学校教育研究所様の 「校庭を花でいっぱいにしよう!」プロジェクトにて、宮戸小学校にサイネリアの花をお届けしました。 P3160010            P3160011     配達した時は、卒業式の総練習中でした。   宮戸小学校の校庭は、宮戸地区でも数少ない高台にあることもあり、仮設住宅がたっています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

 リヴォルブ学校教育研究所様の 「校庭を花でいっぱいにしよう!」プロジェクトにて、
 矢本東小学校に花苗をお届けしました。

P6150004    

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 サルビアとマリーゴールド、べチュニアをお届けしました。

 

    P6150008

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 矢本東小学校に配達した花苗です。
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

 東日本大震災で、東松島市は大変大きな被害をうけました。

 市内の学校も例外ではなく被災しました。

 そんな中、NPO法人、リヴォルブ学校教育研究所様より、「校庭を花でいっぱいにしよう!」プロジェクトという企画が提案されました。

 「校庭を花でいっぱいにしよう!」プロジェクトは、被災地域の地域の活性化をしつつ、学校を花でいっぱいにすることをコンセプトとした、学校の校庭の緑化活動の支援です。
 地元の園芸農家へ、注文し、地元の学校に配達し、学校の緑化活動することで、地域社会の活性化と子供たちを元気づけるというプロジェクトで、尾形園芸にも打診の連絡がありました。
 プロジェクトに花苗を注文をうけ、お届けするという形で参加させていただきました。

 「校庭を花でいっぱいにしよう!」プロジェクトによって届けられる花苗は、震災による停電と断水を耐えた花苗たちであり、だからこそ、被災地の子供たちを元気づけられると信じて、プロジェクトに参加していこうと思います。

 6月10日に、大曲小学校に、約400株の花苗をお届けしました。
P6100004

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

配達した時に、生徒が積極的に手伝ってくれました。

P6100026

 

| コメント (0) | トラックバック (0)