« 外国に対してホンネを言っても許す日を作る | Main | 宣戦布告は国主が行う »

自国以外の宗教を理解する

戦争をなくす108の方法


エントリーN10

 1年に1回、国主は、自分の国以外の宗教の聖地に参拝する

 世界において、宗教を信仰することは当たり前であり、国が宗教を持つ事は当たり前になっています。
 そして、多くの宗教は、幸せや平和になるために教えをといています。
 しかし、悲しい事に、宗教の違いが、戦争の”口実”に使われる事は、歴史に記されているとおりです。

 それは、自分と異なる宗教への不理解であると考えられます。
 となれば、自分と異なる宗教へ理解をすれば、戦争も減り、やがてなくなると考えられます。
 相手を思いやる心こそが、争いをなくせるということです。

|

« 外国に対してホンネを言っても許す日を作る | Main | 宣戦布告は国主が行う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/4035489

Listed below are links to weblogs that reference 自国以外の宗教を理解する:

« 外国に対してホンネを言っても許す日を作る | Main | 宣戦布告は国主が行う »