« 空の向こう側-13頁 | Main | 空の向こう側-15頁 »

空の向こう側-14頁

  ドブネズミが意地悪を言っているとしか思えないさとる君は、言い返します。
  「僕は、空の向こう側にしか興味がないんだ。
   だから僕は、もう境界線になんか行かないよ」
  そう叫ぶと、さとる君は涙が後から後から流れて、声を出したいのに何かが喉に詰まった感じがして、
  声をだせなくなってしまいました。

  「興味が尽きないのなら、自分の目で確かめてみるしかないよ。
   私は、次の場所に行くから、もう、お別れだね。
   さようなら」
  ドブネズミはさとる君に手を振ると、そのまま行ってしまいました。

  さとる君がうまく出せない声を振り絞って、一生懸命ドブネズミを呼んでも
  もう、ドブネズミは戻ってきませんでした。

|

« 空の向こう側-13頁 | Main | 空の向こう側-15頁 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/2806425

Listed below are links to weblogs that reference 空の向こう側-14頁:

« 空の向こう側-13頁 | Main | 空の向こう側-15頁 »